FC2ブログ

keolaのあくび

一日一笑、、そうありたい!!

2007-09-30 [ Sun ]

雨で、何だか急に肌寒い感じの日曜日でした。


でも気分はhappy。アチコチへ行きました。


朝、harryが取り付けてきたトレード話に乗って、懐かしの新大久保へ。


相変わらず明治通りは工事中。旧スタジオあたりも相変わらずでした。


新大久保の楽器店長さんが、すごくいい感じで対応してくれて、たしかに


harryのフレンドな感じ。ド素人の私の質問に応えてくれ、あれこれbassを弾かせてもらって、比べさせてくれました。下取りもいい価格を出してくれて、おまけもいろいろしてもらって、引っかき傷があるために、安くなっているのを、音が私の一番気に入りだったので購入しました。


とはいえ、ウクレレでこの値段だったら、相当なもの、きっとkaneの栗原さんがやっているLEILANIの一番安いのくらいは買えるかなあの金額。マヌワイ家の大きな買い物になりました。でもharryも私もhappy!!


つい弦張り替えてる間にHawai’iのYOKOに電話。一緒に喜んでくれました。


その足で、大好きでここの所遠くて遠慮していたのを、お付き合い再開させてもらっている花屋さんに、明日の髪飾りを物色に。


そして、明日亀有ルカ&サキちゃんのコンサートのリハにスタジオに。


KUPUNAさん月3が9p。WAHINEはIさんとHちゃん。せっかくだし、私はWAHINEと踊っちゃうので、KUPUNAさんに見て直してもらいたくて、珍しい合同リハで、1回ずつ踊り見合いました。


どちらも持てる力を発揮して、真心込めて踊れれば、きっといい踊りになるだろうと思います。2ユニット合同リハも同じイベントに行くのなら、必要なんだなあって感想をもちました。違うクラスの人を覚えるし、一緒のステージに向かうこころも一つになる気がします。


そして、先日KAWELOのLIVEをやった千葉のJUMP UPへ。


14日の美浜HULA FESTIVBALの顔合わせにお邪魔してきました。


あみちゃん、一生懸命まとめて頑張っていました。是非盛り上がりのイベントに!と思います。また、KAWELOのCD作りの時もやっていただくMUSICIANとも顔合わせできました。どう転がっていくかは、正直見えてない所もありますが、今はこの風にGOサイン。やるからには、精一杯楽しくがんばる!!です。是非出演OR見に来るでスタジオも参加してください


帰り道は打ち合わせに来ていたMIYAちゃんを乗せて、YOKOのCDを聞きながら、MIYAちゃんののろけ話(笑)を聞きながら、楽しくDRIVEしながら。そして、MIYAちゃんとともに、何かLIVEでできないかをさぐる時間を調整しあって、送り届け、Granmaの家へ。明日WAHINEとプルメリアの花の歌をやるので、庭のプルメリアを摘んでもらいました。ちょっとだけでも心はたのしくなるから。それで帰るつもりが、お風呂とご飯までご馳走になりました。


いやあいろいろ行った一日でした。けど、雨もうっとおしいと思わない時間のパッチワークの日曜日でした。


 

スポンサーサイト



2007-09-29 [ Sat ]

待望のBABY無事に生まれ、男児との事。イエーイ!!おめでとう!!!


という報告をWAHINEクラスで、聞きました。


12日に帰ってきてからの2週間ちょっと。日常の現実のハードさに、たじろぎながら、


アンバランスな心を持て余したりもしていました。


WAHINEレッスン後、娘を誘って浦安温泉に行きました。ゆーっくりとお湯につかりたくて。


もう浦安の夜の海風は、肌寒いくらいで、秋、冬と来るべき季節を予感させます。


娘を女性専用のリラクゼーションに少し待たせ、マッサージを受けました。


モロカイノロミロミ以来。体も、急なリハビリ(現実への)で、バランス悪くなっていたかも。


終えて、娘の所へ行くと,爆眠。起こしても夢の中だったので、腹を決めて私も横のチェアを倒し,毛布を借り、チョイ寝をして来ました。


2:30に目覚め、娘を起こすとすっきり。ゆっくり深夜の道を帰ってきました。


いやいや妻と娘の午前様ってどうよHARRY.と思いきや彼はまったくの夢の中でした。


こういうのは初体験。


体から心地よくなるっていうのは、手っ取り早い疲労回復になりそうです。



 

2007-09-28 [ Fri ]

昨日から、今日に変る時間。携帯にMAILが・・・・。


病院からのMAIL.でも、今日BABYを授かるWAHINEからの嬉しいMAILでした!


随分ユーレイ部員でいた彼女が「ただいまー。」と、再び錦糸町にやってきて


会わない間に、素敵なパートナーと出会っていた事を知りました。そして間もなく


BABY。病院で、真夜中私ごときを思い出してくれて、思いを伝えてくれるなんて、


と涙が出てきちゃいました。自分が聖母病院で娘を授かったあの日、あの夜シーンとした病室の中ふたりぼっちで窓からの月をながめながら、いろいろなことを考えた事。


そんな事まで思い出し、すぐに返信しました。


若い頃(出会った頃)から、いつも微笑んだ顔して、すてきなARTISTだったKちゃん。


何故か彼女に膝まくらしてもらった事があり、母性をかんじていたものでしたが、


正真正銘の母になるんだねえ。と感慨深いです。


そして、BABYとともに「ただいまー。」と顔だしてくれる日を待っていたいと思います。


この10数年で、ずっとスタジオに在籍してくれたWAHINEは、環境状況も当たり前だけど


変化したと思います。もちろん自分も、その間にありえないでしょという結婚出産しちゃったわけですが・・・。


でも、その変化こそ生きている証なのだろうと思います。


今日ママになる人が、この世界にいったいどのくらいいるのだろう・・・。


皆に祝福!!!!今日は、BABY MAIL心待ちの私になりそうです。

2007-09-27 [ Thu ]

KAWELOは、今回20日間くらいのちょっとだけ長い滞在を予定しています。


10・11来日


10・12 夜14日打ち合わせの為WAHINEクラスキャンセル


10・14 美浜フラフェスのゲスト出演13:20-14:20


10・16 赤坂NOVEMBER eleventh [KUMU-ZUNA LIVE]17:00-


10・17 WORKSHOP AUANA11:00-


10・20 KAWELO コース①砂町文化センター サブレクホール19:00-


10・21 PAN PACIFIC同行


10・23 KAWELO コース②森下文化センター AVホール13:00-


10・25 WORKSHOP  AUANA11:00-


                 kahiko review 19:00- 3500円


                      ★これは、今までのカヒコ「ノケアノアヒアヒ」


                       などの復習中心


10・26 MANUMELE CLUB WITH KAWELO 2:30-


10・27 halloween hula party  男女参画推進センターホール 2500円


10・28 しずおかhoike行き     


*忙しいけれど、上手く息抜きしながら、がんばりますので、皆の協力お願いします!!



                        

2007-09-27 [ Thu ]

娘のSCHOOLへ、送り帰り道。サーっとそして、ザーっとシャワーがありました。


けれど、南の空は明るい陽が雲間から差していて、霧のように小さな雨粒がキラキラして


とてもきれいでしたよ。きっとどこかで虹が見えたんじゃないかなあ。と思いながら運転。


旅から帰り、日常にもどり、毎朝思います。えーもう朝!?また新しい一日なのって。


そのくらいすべての事が、」早く早く過ぎています。ちょっと立ちどまるとか、出来そうもない日々です。恐ろしく思う時もあれば、いいえこれが、暮らしていくって事と肯定できる時もあります。


この頃のお気に入りの、DRIVE のBGMは、JOEとYOKOのCDです!最近めっきりハワイアンを聴かなくなっていた私が、今毎日聞いているCDです!!たまに娘にUNCLE JHONYのに差し替えられるのですが(今、A HE NANIをKEIKIでやっているので。また娘はUNCLEの音楽が大好きなので)また戻ります。


そしてBASSの音を助手席の娘が、「マミーお尻がビビって響いてくるよ」というくらいボリュームあげて聴いています。YOKOのBASS本当に上手くなって感服しています。またJOEとYOKOの寄り添うようなDUETが、心地良いのです。互いを信頼しきっている声がやさしくハモっていて、最高にリラックスできます。そして何より他の誰の歌より、私の愛していたHAWAI’Iを感じさせてくれるのです!!心温まるサウンドです。


YOKOの心の表れだと思います。どれだけの努力がそこにあったか。もちろんBASSも、でもHAWAI’Iで暮らす中での事も。それをでっかく支え、すっかりいいパパになったJOEがいつも守っている。BUBUもNAHEもHULAを始め、きっといいMUSICIANにもなると思います。


先日ちょっと手ほどきを受けて、すごいいい気分で、スタジオのBASSを弾いて、がっくり。まず気がつかなかったけど、ものすごく弦が硬いこと。だから左手がつったりしてたんだと思いました。そして音もエレキベースのようで、「えーこんな音じゃないよ!」と、一日やって正直やんなっちゃいました。何の知識もなくアップライトがほしくて買ったBASS。


HARRYにHAWAI’IでYOKOのBASS借りて、一緒に遊んできたんだ。あーあ本物のBASSがほしいなあ。とぼやいたのは旅から帰ってすぐの事でした。昨日午後HARRYからTEL。GOOD NEWSがあるよ。でした。そう最近あんまりHARRYからDOOD NEWSは聞かなかった私は、何故かすぐ「BASS!!」と答えてしまいました。「BINGO!」


なんとHARRYは新大久保の楽器屋で、今のを下取りしてWOOD BASSを買う話をすすめてくれたのでした。日本語もままならないHARRYですが、その手の話を本当によくつけてきてくれる才能のある人です。かつては、第一家庭電器。ペットショップZOO。「エーそんな事普通出来ないよ。」が、HARRY MAGICにかかるとなんなく出来ちゃった事が沢山あったっけ。すぐ店員さんと仲良くなり、MY FRIENDと呼んじゃうっていうHAWAI’IANなハートがなせるスゴ技です。でも私はとっても嬉しかったです。私のボヤキを聴いていてきっと何とかしてやろうと思ってくれていた事が、すごくHAPPYでした。


というわけで、ひょっとするとそんな事になりそうです。一生懸命PRACTICEしようと心に誓ったのでした。そして、いつもHAWAIA’Iお留守番のHARRYに貯金して欲しいといっていたものをプレゼントしようとこれも心に誓ったのでした。


もともとHARRYとの出会いは、YOKOとBEACHでUKULELE弾いていた時でしたっけ。その私達が住む場所は違えどずっと音楽を楽しみたくているっていうのも、考えたらものすごく繋がっている感じがしてきました。


結果はまたのご報告にしますね。

2007-09-27 [ Thu ]

今、また日本の歌で、HULAを作っています。


喜納さんの「花」、九ちゃんの「見上げてごらん夜の星を」、そして「涙そうそう」と・・・・。


もともとあきるのの年一のキララホールで、一曲日本語で作り始めましたが、今はノケクラクラスの為に、作っています。


今回も「花」という中さんという奄美大島出身の、男性の歌です。千の風になってという候補もありましたが、まずあのクラシカルな唱法が、どちらかいうと苦手。またMELODYLINEは、嫌いじゃないけれど、あの衝撃的な「お墓の前で泣かないでください」が、どうにもHULAとしては拒否反応でした。いつもアンテナをはっているのですが、この「花」は、島こそ沖縄ではないけれどやはり島歌と呼ばれていて・・・・。


振りを作りながら、ノケクラで踊っていてサビの「花のように花のように ただそこに咲くだけで美しくあれ 人は皆人は皆 大地を強く踏みしめて それぞれの花心に宿す」が出来て、レッスン最後半分と私で踊りあった時、ここにきたら涙が沸いてきて、我慢できず泣いていた私でした。何を誰を思ったというよりも、泣きたい細胞にすべての歌詞が染み渡った感じでした。考えるとどの日本の歌も、どこかで涙ぐみながら、作った思い出があります。美しい歌です。


そして、KAWELOのEチケットの振込みに銀行まで行かねば成らず、遅れてしまったし気持ち的に仕事モードにもどれなかったので、遊びとしてもらいTAHITIANをワヒネ少しはいり、その後は10・1のリハとなりました。


10・1はクプナクラスガ、カマヌキカハオル。ワヒネと私でプアメリアアラオナオナ。3人でのワヒネとのステージは、かつてないと思いますが、せっかく立ち上がった2pの心が折れないようにがんばって、そのままユニットを組みました。まだちょっとびびりながら踊っている感じでしたが、きっといい経験になるはずです。楽しみつつ頑張ります。


そのワヒネの遊び時間は、正直???????の私で。ある人のことが今とても理解できなくなっていて、つまり心の中が読めない状態で、しかもこれからその人といろいろはなさなきゃならなかったりで・・・。考えているうちにちょっと疲れてきて・・・・という状態に。


難しいですね。人の心。思わぬことで傷つけていたり、自分にとっての評価と相手の評価がまったく異なるって事もあるし・・・。でも愛があれば何の問題もないんだけどねえ。


それを信じ体感した旅からもどったばかりなのに・・・。悲しい気分です・何だか。


一日のうちで、いろいろな気分になった日でした。


さあ、今日はまた新しい気持ちでいこう。今日も目が覚めたことから感謝して始めよう!

2007-09-25 [ Tue ]

火曜日は、SCHOOLの後TAPがあり、それを迎えに行きTUTORに行きます。


娘は今日schoolから、-10のプリントを持ち帰ってきました。2,3日前に見て、私もよく内容がわからずで、先生に聞いてごらんといったものでした。


先生のコメントには、与えられた時間に出来なかったこと、完全に出来なかった事が理解できないと書いてあり、分からなかったら聞きにきなさいというものでした。


うん、やっぱりそうなんだな。と思いました。ひとつの事をあげれば、MOLOKA’IでBUBUちゃんが泳げるのを見て、自分も泳げるようになろうと思ったらしいのです。もぐったり、飛び込んだり、先日はブギボー持って海に入るまでは出来ましたが、クロールなどの泳法が身についていないのです。BUBUちゃんもハワイにいながら、スイミングスクールに行っていたそうです。新宿の頃、スイミングに通わせましたが、ある日「マミー、kは自由に泳ぎたい」といいました。無理無理は嫌だったし、まだ小さかったので止めさせました。結果DADDYとふたりでプールに行っていましたが、泳ぎをおしえられるはずもなく・・・・。


習う、学ぶという事に対し、素直である部分もありますが、すごく自分でわかったふりをする部分もあります。本当に天才のようなら、問題ないけれどもちろんそうではありません。わからない事が恥ずかしかったりする中途半端な自尊心が、彼女の素直さを曇らせています。SCHOOLはわからない事知らない事を学びに行くところで、試しに行くところじゃないとマミは思うよ。そして、KのSCHOOLの先生は、HELPを頼んだら、きっと聞いてくれるはずだよ.先生の仕事は、分からせる事だもん。友達は分かってもあなたが分からなかったら、あなたは聞きに行く勇気をもちなさい。大人になったら誰も教えてくれなくなるよ。今素直になって、先生にお願いしマースここ教えてください。ここが分からないんですけどって言いなさいと話をしました。


私も学生時代決して、可愛い生徒じゃなかったと思います。大人びてて、自分を知らずにし回りを斜に構えてみていたし。彼女は、今私の血が強く流れています。HARRYは違います。学生時代は知らないけど、想像するに、きっとハワイとはいえ、環境的にはきつく、つらい事が多かったんだろうと思います。でも彼は学ぶことには素直。人に物をたずねる事もよくします。素直なんだと思います。彼のその血が必要な娘です。


私も時間とって娘と共に、インターナショナルの教育を学ぼうと心しました。はあー算数の10の位はこういうのか。赤道はこうかあなんて。私も勉強です。


今日のマイナスを挽回するぞ!ふたりはパートナーだもんね。

2007-09-25 [ Tue ]

雨の音。悪くはない朝です。


9月もわずか。もう10月ですものねえ。あらあらカレダンダーもあと3枚ですよ。


昨日は、きゅりあんの後、ルカサキちゃんの10・1のクプナさんのリハとなり、月3クラスが、頑張っています。このクラスも、新鮮な顔合わせですが心あわせてやろうとしているのが伝わってき始めています。期待したいと思います。


その日は、もうひとつのユニットも踊ります。ワヒネの2pと私でやってみるつもりです。


それが終わると、KAWELOも来日。


そうそうパンパシフィックのチケット、まだ残ありますので是非声かけてください。


昨日の夢舞台は、もう声かけるのも嫌になり、私の手元に5枚残ってしまっていました。


パンパシはKAWELOも同行してやるつもりです。


 

2007-09-24 [ Mon ]

キナカラのホイケで、目を奪われたのは、何といっても知り合いのOちゃんのステージでした。


衣装もなかなか私好みでしたが、どう見ても年齢差のあるダンサーの中で、非常に音に乗って、いい感じに踊っていて、釘ずけになりました。


Mちゃんは、どうやらWAHINEの中でも信頼されているユニットで、頑張っているようです。


他のAUNTYも、がんばっていました。


Hさん、ずいぶんカネも増えて個性豊かになっている中でがんばってましたね。あの男の子はいいダンサーになるね。一番フィナーレがほっとしていたような気が・・・。


ご招待される立場にない私ですが、今回で2回見せていただいて、フォーメーションなし、華美になりすぎず、ファッションショーではないホイケ。スタイルのあるフラは好感が持てました。


イケメンで、若くて、生徒さんもファンも子供から、クプナまで目に星が入ってしまうから、彼ら自身大変だろうなと思います。嫉妬、ねたみ、いろいろね。彼らが中年になったら真価を発揮するような気もします。


会場前で、ハワイのビーチ仲間だったTちゃん、JAYJAYの奥さんに会えて、嬉しかった。JAYJAYさんの訃報をきても何も出来なかったから・・・。お話していて、奥さんも私も涙になりました。


一時JAYJAYさんを忘れてしまっているようなBROTHERSを感じて、とても失望した時期もありますが、今度のホイケではきちんとお話をしていて嬉しかったです。


ちなみに舞台スタッフは、ずっと私達がやってもらった人達ががっちり仕事していましたね。


うーん来年はどうしようかなあ。と考え中です。


今日はオハナグループ参加のきゅりあん夢舞台に、1部の最初だけ行ってきました。


この間のHO’OKENAとのコラボもイベント的には、何も感じなかったですし、2回つぃずいて名前も違っていたりして・・・・。申し訳ないけど、もうこのイベンターさんとお付き合いするに値するSOMETHINGは、全くないのを感じました。HULAは相変わらず人口減ってはいないのだろうから、ウチのスタジオや、私がそこにいる意味を感じないのにやる必要はありませんから。


もう本当に、その日の寄せ集めって感じのHULA人にも、イベントにも疲れを感じます。楽屋一歩は行っただけで、全細胞がNO!!!!といっていました。狭いからでなく、気の悪さに。一時も居たくない楽屋でした。


あそこでなくても夢は見れそうです。って言うか、私の夢はあの場にはありませーん。

2007-09-23 [ Sun ]

楽園のMOLOKA’Iから、帰国して10日余り・・・。カヌーのワークの場所でサインした、ココナッツのレターもちゃんと楽園の証としてスタジオに届いて・・・。どんどん時間が過ぎ、自分の中であれもこれもと急かされてあーあ現実は厳しいなあ。


あくまで、旅人としての楽園生活と、現実の生活者は違って当たり前だけれど、自分の中の心の細胞があんなにふっくらしてたのに、日々のニュース暮らしの中で、どんどん縮まっていっちゃう気分なんです。


あんなにしあわせだったから、踏ん張ってがんばろうと思っているのに。


たすけてー。って感じの私です。50を前にいい大人になりきれんなあ。


CAMP参加者達に、各クラスの時間に皆にシェアして印象、感想を語ってもらっていた1週間だったけど、それを語って涙が、聞いてて涙が・・・。


さあもういい加減に、現実お前の一日を見直せよってもうひとりの自分が喝をいれています。


そして気がつけば、季節も秋。この10年くらいスリッパ(ビーサン)とブーツの2種類の履物。Tシャツとパーカの2種類にジーンズか短パン。


制服のある娘は、かたぎだけれど私や主人はそれの2種類で暮らしてるような。季節も夏か夏じゃないかの2種類みたいな・・・・ね。


でもまだ、随分観測史上初の気象がふえたって、四季がこの国にはあるんでした。そうこの国のこの場所の素敵なところをもう一度自分で探し、認めていかなきゃ。


日出る国・・・HAWAI’Iの人は皆大好き。たんにお金を稼げるからだけでない事を期待したいなあ。やっぱりすごくエキゾチックな部分も感じるんでしょう。生活者は不感症になっているけれどね。


そんなこんなで、今日は半日ゆっくり家で過ごそう。夕方は、キナカラのHO’IKEに。まず、大好きなヒロシさん(宮ちゃんハズバンド)、娘のガールフレンドでいつずけてくれているMちゃん、8月のウチのミニホイケに顔だしてくれたAUNTY達が出演するので、応援です。キナカラは、イケメンだし明るいし、ビジュアルはいいですね。若い子はいやいやAUNTYもきっと目に星が入って、一緒にhulaをやっているんだろうなあ。でもそれだけに、きっとふたりの悩み(フラと違うところで)があると想像できます。でも去年行かなかったので、どんなステージか期待しています。キナカラたちでなく私にとって大切な人を声援しちゃうって、白い目がとんじゃうかなあでもやっちゃうよきっと。


来年は私達のホイケ。絶対楽しいものにしたいから、やるぞー!!

2007-09-22 [ Sat ]

秋晴れの朝、そうここはもうMOLOKA'Iではなく、MOうり2丁目で・・


交差点を娘と渡って、スタジオへ。やっぱ朝の空気はいいね。


スタジオ前に停めてある車のナンバープレート見て、にっこりしちゃう。


プレゼントに頂いたHAWAI'Iのような、RAINBOWのプレート。


すっごく可愛いんだなあ、これが。とても気にいっています。ありがとう!


見上げると、LILOの風船がスタジオから見てて、これもまた和みます。


朝きっと今日も、気分はMOLOKA'Iのままいけそうと勇気ずける私。


帰ってきてから、ちょっと現実の中でマイナスの気持ちにならないようにと


構えすぎて、すごくアンバンスな状態に逆になっちゃった私のビタミンになってくれています。


2007-09-19 [ Wed ]

旅のLAST NIGHTは、私からのMAHALO DINNERをKAWELO,JOE’S FAMILYとSTANLEYと、どこかで美味しいもの食べて、思い出話したり・・と思ったのですが、YOKOが「先生の部屋でもいいですか?」と。「でもさ、それじゃMAHALO DINNERにならないからさあ。」「食べ物は買って行きます。KAWELOさんには、連絡します。BASS持って行きます。」「エーっデモさ・・・」「いいですね。」


そうです。実は、YOKOは、決めたらそうする人です。(笑)感謝を表したいと思ったけど、うん。皆がそれでいいと言ってくれるなら、もちろんそれでいいんだけど・・・。間もなくKAWELOが、飲み物をアイスボックス一杯に、JOE達が中華やケーキを持って、部屋に来てくれました。もちろん楽器を持って。


そして、ご馳走するどころか、結局ご馳走になってしまいました。でも確かにWAIKIKIあたりのレストランは、今夜は特に似合わなかったかな。ずっと私達だけで過ごしたMOLOKA'Iの匂いのまま旅の最後の夜も素敵!!!


私は、早速BASSをYOKOに指導してもらい、「good job!」などとおだててもらって、ますます乗り気で、たくさん弾かせてもらいました。それをかたわらで、見守っているKAWELOでした。


子供達も遊んでいるうち、眠ってしまったりしましたが、寝顔は家にいるように安心していて・・・。仮の家で楽しく過ごしました。


マウンテンビューの部屋・・みんなが帰ったらがらんとして、急に寂しくなりました。娘を寝かせて、ひとり朝方までラナイで夜風に吹かれてすごしました。


そして、前の晩、娘と海へ行く約束をしてくれたマノアの二人と朝娘は、KUHIO BEACHに向かい、私も部屋のかたずけをして、HAWAI’Iに住んでいる同級生yuiちゃんと会うためにBEACHへ。


DSCF0909_400.jpg   DSCF0911_400.jpg娘よ、あなたは海が古里の名なんだよ。


サーフィンをする、wahineのゆうかちゃん、なみちゃんともあえました。マノアのえっちゃんは、初サーフィンというのに、果敢に海に入って頑張っていました。娘はあっちゃんにボードに乗せてもらったりして、とても楽しそうでした。yuiちゃんも元気そうで会えて、本当に普通にHAWAI’IのBEACHで、朝会えちゃうって、ロコみたいだね。と思いつつ、嬉しかったです。皆頑張って生きてるなあ。と朝のwaikikiで思ったのでした。そして、チェックアウト、バスのピックアップと待っているので、BEACHを後にしました。


集合時間には、KAWELO,YOKO,そしてSTANLEYが見送りに来ていてくれました。時間前は、余裕かまして冗談言って笑っていました。記念写真も撮りました。で、いよいよバスに乗らなきゃの時間が来ると、3人が、お別れラインを乗車口の前に作ってくれて、ひとりひとり、さようならのhugをしました。一番最後に待っていた私は、皆が泣き出すのを見ていて、またまた泣けました。本当に離れがたい温かい真心がここにあって・・・。KAWELOも「来月行きます。」と言いながら泣いてるし・・・・。最後まで、涙になったけど、けっして悪い涙じゃなくて、心を洗う涙だったんだと思います。人と人の真心がふれあうって、こんなにも心揺さぶられるんだね。きっと私達は魂の家族なんだね。ohanaはこういう意味なんだよね。


DSCF0913_400.jpg   DSCF0915_400.jpg変わらないOHANAの愛情と絆です!!


来年のHOIKEには、何とか頑張ってJOE’S familyとSTANLEYも招けるようにするぞ!!と自分に誓ってのさようならのバス発車でした。


無事に全員生還です!!皆このCAMPで身も心も錆びを落とし、自然の中で身も心もopenし、人を大切に思いやりながら最高の夢のような日々を過ごせました。


KAWELO,STANLYなんて言ったらいいんでしょう。あなた達は、神さまです。MOLOKA’Iで出会ったすべての人が真心のある人達でした。


生涯忘れられない素敵な旅でした。参加してくれた皆の事もっともっと好きになりました。本当にありがとう!!!


日常にもどって1週間。ニュース見ても心塞ぐ事ばかり・・・。


でも、今日も日本でも、太陽は昇るし、真心は一緒なはずだもの、自分の学びを実践していかなきゃね。


☆写真はのちほど・・・・・

2007-09-19 [ Wed ]

DSCF0708_400.jpg  DSCF0711_400.jpg  DSCF0716_400.jpg


DSCF0719_400.jpg DSCF0722_400.jpg  DSCF0723_400.jpg
DSCF0737_400.jpg DSCF0739_400.jpg
poina 'ole ,poina'ole,zuttozuttozutto,kittokittokitto,
 



2007-09-19 [ Wed ]

DSCF0852_400.jpgKAWELO運転のトラックの荷台!!


DSCF0854_400.jpg昔から、こういう乗り方は、なれていマースの私!!


DSCF0855_400.jpgその後ろにこの近辺では、見かけない高級車。セレブまさよ婦人運転!


翌日は、TAHITIのWORKSHOPでした。


マノアにいたまさよさんも加わって、たった一日の自由行動だったのに参加メンバーとすごい久しぶりに会う気がしたりして・・・。


HOTELから、KAWELOの運転するトラックとJOEの車に乗って、バンドスタンドまで。


MANUTAHIのブレンダ。久々だけど、相変わらずかっこいい!!16歳のダンサーも美しく色っぽいなあ。で、白い伝説の鳥の歌をやりました。でも皆実は、ベーシックでもう疲れ気味でした。それでも、やっぱりHULAとは全く違う細胞が動くのをまたもや体感しました。それは、私の体にとても新鮮で、頭でなくからだが嬉しい感じがしました。


MANUつながりのNAMEも嬉しいね。きちんと踊れてるかどうかはともかく楽しい時間を過ごせました。早く日本でやりたいなとブレンダはいってくれました。がんばらなきゃね。


the photos will come soonnnnnn!!!!!


DSCF0866_400.jpgカピオラニ公園のバンドスタンドで、TAHITIAN WORKSHOPでーす。  


DSCF0865_400.jpg木陰は、風も感じられ気持ちいい。よくこの前のBEACHでバーベキューやったり、ブギボーやったり、キルトさしタリ、ウクレレ弾いたり、遊びました。


DSCF0870_400.jpg皆ちょっと疲れ気味で、時間まで待っていました。DSCF0856_400.jpg  DSCF0860_400.jpg  DSCF0859_400.jpg
cute!                                      Are you ready?                  Yeah!!!!


DSCF0872_400.jpg  DSCF0873_400.jpg  DSCF0875_400.jpg
16years old!???       Iaorana!!          That's どんだけ Tahitian dancers.


DSCF0902_400.jpg腹筋が割れているブレンダと、メタボの日本人と、普通のハワイアンてか







2007-09-19 [ Wed ]

DSCF0850_400.jpg
JOEたちに送ってもらって帰ってくると、もう一人の娘のNANIがHOTELに訪ねてきてくれていました。HARRYから預かったもの、反対にHARRYがNANIに頼んだものもあり、けれど家族を下に待たせていたので泊まらず帰るとの事で、部屋で短い時間ではありましたが再会。


HARRYが一番頼りにしていて、絆が深い子です。前回に会った時は、ものすごく家の事が大変だった時でしたが、今回のNANIは、すごく落ち着いた健康そうな表情で、安心しました。


いつか娘がHAWAI'Iに来る時、彼女が姉として存在してくれるのは、とても大きいことになると思っています。ふたりに流れるHARRYの血は一緒だから。


なかなか会えない父親を案じ、この私でパパは大丈夫なのかともきっと案じているだろうNANI。それを思うとまた涙が出ちゃいますが、すべて私にかかっているんだから、泣いてる場合じゃあないんです。がんばるよもっともっと皆がHAPPYになる為に。


NANI姉ちゃんとウチのLILO。なんだかこの所すごく似てきました。二人ともDADDYをとても愛している所も、守ろうとする所も本当に似ています。いい姉妹です。


2ショットのUPも後で。

2007-09-19 [ Wed ]

DSCF0849_400.jpg
HONOLULU空港から、HOTELまで。えらく元気な泉アキみたいなドライバーの運転でH1を行きます。HARRYに恋していた頃は、3ケ月に1回位一人で、この道を走って会いにいっていたのでした。早くBEACHに行きたくて、の気持ちを抑えながらでしたっけ。


でも、あの日は「あー帰ってきちゃったかあ」が正直な思いでしたね。YOKOも言っていたけれど、YOKOもHAWAI’Iから、日本に来る時のような感覚がしたと言っていました。それほど、私達にとってMOLOKA’Iは、優しく温かな場所だったんですね。


その日は、それぞれ自由行動。MOLOKA’Iでは買い物できなかった分寸暇惜しんでのSHOPPINGが多かったと思います。私も一軒だけ行きましたが、日曜の早仕舞いで振られてしまったので、後は娘とプールで過ごしました。夜はハワイカイの方のお店にJOE FAMILYと行きました。なんともキッチュな感じで、日本風に言うとゲーセンのあるジョナサンって雰囲気で、でも子供達はコイン片手に1時間以上遊びまわっていました。


すっかりJOEにご馳走になっちゃいました。MAHALO!!!!


PHOTOは後ほどこのpにUPします。YOKO見てね。


DSCF0829_400.jpg   DSCF0837_400.jpg   DSCF0840_400.jpg


DSCF0835_400.jpg    DSCF0842_400.jpgDSCF0846_400.jpg





2007-09-18 [ Tue ]

やはり暑いとはいえ秋の雲ですね。


帰国日に総理辞任のニュース。台風の予報。何だかニュースを見る限りこの国は、このままどうなっちゃうんだろうと不安になること多く心が沈んできそうになるのは、私だけではないですよね。


何だか、心のバランスを取るって急に難しく思えてきたりします。娘のタップダンスを錦糸町で待っているロータリーのイルミネーション見ていて、知らずに涙が溢れたりした。


悲しいのではないんだろう。でも何だかまた自分が大きな力に引きずり込まれていくかのような不安は、心のどこかに確かにある。


昨日WAHINEのクラスに、可愛いバルーンとハワイイと同じ車のナンバープレート(レインボウ)を頂きました。夢のある嬉しいプレゼントでした。ありがとう!!発表会では一番頑張ったクラス。このところ月曜休み多く、すごく会ってない気がしちゃいます。またいいペースでがんばっていこうね!


今TVで、アカペラのコンペをやっていました。ハワイイアンでこれをやれたら、すっごいかっこいいよね。と娘に言ったら「ごめんね。k,これしかできないんだ。」と笑いながら「かえるのうたがー」と一フレーズ。本当に面白い子で、笑わせてくれます。


私は、ユーモアのセンスって、生きていくのにものすごく大切だって考えているのですが、娘にはこの頃そのいい芽をとても感じています。生意気な時は本当に「ふざけんな!」とも思うのですが、私達はよく笑わせあっています。「こんなノリのママじゃあ嫌になるでしょ」というと「イイヨ。マミはマミっぽくなきゃ意味ないじゃん。」だって。


朝目覚める。当たり前のこと。いつものこと。海からでなくてもおてんとう様には、変りないなだよね。忘れちゃダメだね。感謝の気持ちだけで生きていける。


そう、また明日。また会える。ようし元気だすぞー!

2007-09-18 [ Tue ]

さようならの朝。早起きして海からのご来光を見る人もいました。


ラナイのカヌーを花で飾って、記念写真を撮ろうと昨晩スタンリーとカベロで決めていました。本当は、プールに浮かべてとスタンリーは考えてくれたのですが、朝であわただしいだろうからと、その最高に素敵なバージョンは次回に残しておこうという事になり、皆が朝日の昇るのを待ち、花を拾い、散歩し、星をながめた前庭にカヌーをおいてクラスごとに、全員でと記念撮影をしました。


とても美しい朝でした。


DSCF0816_400.jpg DSCF0817_400.jpg DSCF0818_400.jpg
DSCF0819_400.jpg DSCF0821_400.jpg DSCF0822_400.jpg
DSCF0825_400.jpg     DSCF0634_400.jpg
A HUI HOU !  we'll come back !!!!

来た時と同じようにVANに乗り込んで、たぶん皆何かを言いたくて、でもありがとうとさようならまたねしか、出てこないもどかしさ。KAWELOは、JOE達を送って先に空港へ行っていたので、ここでのさようならは、STANLEYのママ、パパに。STANLEYは、HONOLULUで再会できる事になっていたので。その時あの、強いママが声をあげて泣いてしまいました。楽しくワークを教えてくれて、昨晩HULAを踊ってくれたママ。ママの中で、きっと本当にいろいろな感情が溢れた瞬間だったんだと思います。それを見たら、泣かないでBYBYしようと朝決めていたのに、もうだめだった。VANは走り出し、ロッジの前庭を降りていく。それでも3人泣きながら見送っていてくれて・・・思わず、助手席の窓に腰をかけて大きく手をふりつずけました。「WE LOVE YOU!!」といいながら・・・・。美しい海を放心状態でながめながら、VANの中はしばし無言でした。気がつくと、娘の目からも、涙があふれ、こぼれていました。皆がこんなに心を奪われたMOLOKA’Iの日々。きっと娘は、私達親がいなくなったら、きっといつかひとりか、愛する人とか、家族とかわからないけど、もう一度おたずれるだろうなあ。そんな事ぼんやり考えていたら、ラジオから、IZのOVER THE RAINBOWが流れてきた。「楽しかったなあ。皆と来れて本当に無事に過ごせて幸せな時間を送れたことに感謝しなきゃ。」自分に言い聞かせた。映画のように、ここでENDマークじゃあないのですから。


空港で、先回りのKAWELOとも一時のお別れをして、まだまだ時間があったので、外のベンチ寝そべっているうちに、あんまり心地よくていびきかいて、寝ちゃったようです。ゆったりと雲がながれ何もかもがありのままでいいよといってくれてるような自然。いい眠りでした。


HONOLULUへもどり、明日はTAHITIのワーク。それでこのCAMPは終了になります。



2007-09-18 [ Tue ]

楽しいモロカイの、とうとう最後の夜。


毎日美しくセットされていたダイニングテーブルですが、今日は花も活け変えて、またすごく高い銀の燭台が2台も飾られ、さながらウエディングパーティーのようにというかやたらなパーテイーより、ずっと豪華に華やかにSTANLEYのコーデイネートです。


たったの4日間の滞在だったのに、ほんとうに寝食を共にして、スッピンのまま過ごしたALOHA長屋が美しすぎて、もうすでに切なく込み上げてきそうになります。


暖炉に火を入れて、キャンドルの灯りをともして、今夜はティーリーフスカートのHULAも待っています。


時間が進んで欲しくないような気もしながら、さあラストデイナーの食前のお祈り・・・と集まるといきなり「HAPPY BIRTHDAY TO YOU」とJOE、YOKOにあわせて皆が歌いだしました。「えっ」と思ったら皆が奈美ちやんと私の為に、うたってくれていたのでした。


涙がもうとまらなくなりました。「WE LOVE YOU」とHUGしてもらった時、本当にこんな日が来るとは思わなかったけれど、HULAと出会えた事に感謝しました。生きていて、この道を歩いて来て良かったんだねと安心感につつまれました。


可愛らしい手作りのケーキ。奈美ちゃんと二人でろうそくを消しました。参加の皆から、メッセージカード。そして、昼のレイメイキングで皆で作っていたカオナオアの美しいオレンジ色のレイ。BUBU、NAHEちゃんからも可愛いカードとハワイアン柄のアザラシちやん(ナルと名づけました)KAWELOとSTANLEYから、コアの小物入れ。その中には、きれいなイヤリング。MOLOKA’IのそCD。このPU’U O HOKUの部屋の前で籐の椅子に座ってプルメリアのレイメイキングをする女性の絵。美しい真っ赤なナヴィリヴィリのレイ。ママからは大好きなグリーンの貝のレイ。・・・なんだかプレゼントを開いてる時、自分が竜宮城の浦島太郎になったような錯覚でした。


最後のディナーも本当に美味しく頂き、さあ毎晩恒例だったMELE HULA TIME。私もウクレレで混ぜてもらって、「モロカイセレネーデスよ。」などと言い合って笑い合ってJOE、YOKOにいれてもらって、そして今晩はKAWELOも弾いて歌って。ああ私にとって、私達にとってこのメンバーがいてくれたら、他に何も望まないと思えました最高に愛の溢れる本当にすべて心からの師、仲間。そのしあわせに何度も何度も「楽しいね。しあわせだね。」と言っていた私でした。


DSCF0741_400.jpg大好きな大好きなJOE、YOKO、BUBU、NAHEと娘。おめかしモード


DSCF0747_400.jpgこのカップルの歴史を見ていて思います。ほんとうに愛し合い支えあいしながら、子供を育んでいくと、すごくすてきな成長を互いにするのだということ。生き方は顔に出てます。DSCF0749_400.jpg DSCF0751_400.jpg
 


DSCF0755_400.jpg DSCF0758_400.jpg奈美ちやんてづくりのケーキとえっちゃんの孔雀りんごのもりあわせ。皆アーティストのようにハワイの二人に習って、アロハの味をくわえていくようになっての最後のディナー。DSCF0760_400.jpgすごい高い燭台。フラタイムには、花に火が移ったりしましたが、すかさずビールをかけて消すという演出まで。DSCF0767_400.jpg
DSCF0769_400.jpg私達も娘に余ったリーフにお庭のリーフをちょいと足してスカートをつくりました。娘達の初ティーリーフスカートでのフラは、YOKOに短い時間で習ったフラとなりました。子供達の踊るフラを後ろで一緒に演奏しながら見ていて、本当に嬉しく温かい夢のようないい時間だと感じました。


皆も作ったティーリーフをかわるがわる身につけて、思い思いに踊ったり写真撮ったりしていました。そこへ、カベロが目で合図。スタンリーのママが私達を見ながら一緒におどっていました。すぐ「やってくれるかどうかわからないけどママのフラです」と呼び出しました。ママは「足の調子がよくないから一番だけね。」とケアロハの一番を踊ってくれたのです。


ママは子供の頃は可愛いダンサーでした。以前のモロカイのブログに写真あります。


あとでカベロが「ずっと見てきてママが人前でフラ踊るの初めて見たよ。しかも昌美たちの真似して立って一緒に踊ってたんだよ。」と興奮して話してくれました。スタイリッシュでかっこいいママは、ずっとフラを封印していたらしいのです。でもそれが皆のこの雰囲気の中氷がとけるように心が開き踊り出したらしい。スタンリーも感動していました。あとで知ったのですがパパは体調すぐれず、一歩も家の外にでない最近の日々だったらしいのです。でもそのパパもニコニコしながら、一緒に食事し語らってくれたのですね。ママはすべての事が嬉しかったに違いない。その話を知りまたまた涙が出ました。


カベロのリクエストでまた、大きな輪の盆踊り。月の夜はから炭坑節そしてここに幸ありの日本メドレーで輪になって踊り、最後もカベロから涙そうそうのリクエストでフラタイム終わりました。なんだか片付けたくないような、名残惜しさでしたが皆で手分けしていつものように後片付け。


私はその夜一番最後にロミロミを受けさせてもらいました。気持ちよかったあ。その間もまだ起きてる組とカペロ、スタンレリーの笑い声が聞こえて、明日ここを後にするのだけれどここで触れ合った心は、きっときっと永遠に変わらず、苦しい時の私達を支えてくれるだろうとからだがとけそうな感覚の中思っていました。その後満天の★の下、このキャンプをやって良かったね。すべてが気持ちよくってしあわせだったねとカベロと二人の反省会をしました。 


明日は、この地とお別れです。






2007-09-18 [ Tue ]

4日目のワークショップは、ティーリーフスカートづくりと、レイメイキングでした。   


講師は、MOLOKA’Iに住んでいるSTANLEYのママです。去年コナでやったクプナフラコンペのしらはまBY THE SEAのティーリーフスカートは、このママの手作りでした。列ごとで葉の色形が変化があり、ヒナヒナを海草のようにあしらったりと、見たことのない美しいスカートでクプナさんたちは、伸び伸びと踊り堂々の2位でした。


髪飾りは、カラフルな貝と畳いわしのような海草をみごとにピースにしたてたもので、これはSATNLEYの作品でした。


ママにそっくりのSTANLEY。ママは真っ赤な爪で大きな指輪して、迫力のあるマニッシュで素敵な女性です。


DSCF0726_400.jpgいろいろな色、形のティーリーフがあります。オーソドックスな色形で皆挑戦しました。椅子に紐を渡して、リーフをかけては紐でしばっていくという作業になります。


この日は、皆オプションで乗馬もとったので5人ずつ抜けての作業の為、ペアごとで進行もちがいましたが、最初とまどっているペアもだんだん手馴れてきて皆素晴らしい出来栄えになりました。


DSCF0728_400.jpg DSCF0729_400.jpg DSCF0730_400.jpg
それぞそれのペア、おしゃべりしながら楽しそうに作っていました。


DSCF0731_400.jpg  みんなラナイでの作業です。今夜は皆これをつけてHULAHULA。
DSCF0733_400.jpg DSCF0734_400.jpgママが中央で笑っています!!


それが終わった人は、STANLEYからクイのレイ作りを習いました。


いろいろな作り方の説明を丁寧にしてくれました。皆の作ったレイは今夜それぞれを美しく飾ります。






2007-09-18 [ Tue ]

カヌーデーの夜は、JAPANESE NIGHTに。


KAWELOやSTANLEYへのサプライズにJAPANESE NIGHTを計画していました。私は、JOE達の浴衣や甚平を日本からのお土産にして、この夜、JOE FAMILYと私達親子は、夕食前にコソコソと着替えました


お料理の先生ワヒネの奈美ちゃんも参加してくれていたので、日本で相談して親子丼と白玉あずきを作る予定でしたが、スーパーで鶏肉探してさの大きさやら、えたいのしれない箱詰めチキンに手のびず、ここはデザートのみにしようと意見まとまり、白玉あずきをつくってくれました。


クプナさんに根回しして、夕食のお祈りにKAWELOがダイニングに来たら、手拍子して、炭坑節を歌ってくれる事になっていたのですが、なかなかそれができず、他の部屋に隠れて待つ時間がおかしくって、笑えました


さあいよいよ。チャチャラカチャンでにわかに練習した日布合同の盆踊り連の登場です。みんなで盛り上げてもらって成功!KAWELOの目から一すじの涙。「FABULOUS!」やったあ。がんばって持ってきて隠れて仕度して・・・


それはすべてFOR YOUの気持ちから。すぐに「OK!」と話にのってくれたJOE,YOKOにも心からありがとう。ARTIST STANLEYもとっても気にいってくれて喜び楽しんでくれました。


DSCF0697_400.jpgハワイイと日本の合同盆踊り連でーす。ハワイイ在住組すごく似合ってました。浴衣には、庭のプルメリアやハイビスカスやティーリーフやジンジャー・・・で飾った髪もいい感じです。STANLEYの影響でいろんなアイディアが沸いてきました。
 


DSCF0701_400.jpgとってもよろこんでくれたKAWELO,STANLEYと。


DSCF0703_400.jpgJOE浴衣のYOKOに惚れ直しかなっ。この夫婦のあり方は今の私には最高のお手本です。いつもKAWELOと話しています。この二人は本当に立派です。そして、一生懸命で、こころが温かくて大きくて、美しい。ふたりの子供。BUBU,NAHEは私にとっても親戚以上の家族のように思っています。優しい素敵な子供たち。愛あふれるAHIA家です!!

2007-09-16 [ Sun ]

マヌワイ昌美49になりました。40代の総決算となりまーす。


40で結婚41で娘を授かり、この40代に悔いなしですが、50前に一暴れしちゃおうかなあなんてね。


沢山の優しさの中で暮らしている家族。私は幸せ者だと思います。


少しは、誰かの何かを手伝える人間になれるよう、精進してまいります。


どうぞ、今後とも、よろしゅうおたのもうします。


早起きして、パパイヤ面子と去年楽しんだ豊海へ遊びに行きマース。



DSCF0928_400.jpg  DSCF0929_400.jpgHEY! HOWZET?


DSCF0932_400.jpgDON'T BOTHER US.


DSCF0934_400.jpgCHOTTOMATTEKUDASAI.


DSCF0937_400.jpgI MADE IT! I FEEL MY BLOOD FROM DADDY NOW.


DSCF0940_400.jpg wow ,HOW CAN I  BITE?


DSCF0941_400.jpgWE'ARE GOOD FRIENDS&HULA SISTERS.


DSCF0942_400.jpgHOW ABOUT US?






» READ MORE...
2007-09-14 [ Fri ]

MOLOKA’Iの3日目は、カヌーに挑戦です。


途中のHONOULIWAIビーチで、ククイを拾って、ペンダントも作る予定。何だかどれもこれもワクワクしちゃいます。


2007_0605molokaiamp0063_400.jpg  2007_0605molokaiamp0064_400.jpg  2007_0605molokaiamp0065_400.jpg


2007_0605molokaiamp0066_400.jpgここでまたまたハプニング。2台のバンに分乗していた私達は、どちらももうひとつに絶対乗っていると思い、2人をおいてきぼりに・・・・。「わすれものー。」とKAWELOが追っかけて別の車にのっけてきてくれました。それもアンティーボーと暴れん坊将軍のふたり・・・。あーでもこの2人でまたもや助かったかも・・・。


他の人だったらマタ、パニック。ふたりは、笑って許してくれました。


ククイは、沢山落ちているのですが、きれいなのはさがさないとなりませんがひとり5こずつ拾い集めました。


そして、PENNY’S HOUSEへ。PENNYはこの間日本に来たHOKULEAの女性ナンバーワンだった人でした。からだも筋肉ついていて、日焼けした笑顔がすごく素敵。旦那様と3だいに渡ってこの地に住んでいるのだそうです。コーチはこのご夫妻です。


2007_0605molokaiamp0067_400.jpg  2007_0605molokaiamp0069_400.jpg  2007_0605molokaiamp0070_400.jpg


 


  2007_0605molokaiamp0071_400.jpg


浜でカヌーの説明、こぎ方、乗り方を習い、さあ海へ出発でーす。2007_0605molokaiamp0072_400.jpg


5人一組で、声を合わせ、リズムを合わせ、海の上をすべるように進んでいくカヌー。


なんとも気分の良いものでした。水を後ろに持っていくというよりも、前から真横まで運ぶという感じでした。1番前の人は、リーダーです。リズムを作っていきます。みんなで心一つにしなければスピードもでません。


クプナさんまで、ほんとうにいっしょうけんめい取り組んで、その姿が愛おしかった。格好良かった。私は、昔の人がカヌーで旅していたことに思いを馳せました。夜、海と空の境もわからないくらい中、星に導かれて・・・。ロマンチックだけど、厳しかっただろうカヌーの旅。
想像するだけで、武者震いしちゃいますが勇敢だったんだなあ。


途中ザーとバケツひっくり返したようなシャワーになりちょうど食べていたお弁当がお茶漬け状態になりましたがだーれも文句いったり、騒いだりせず。すっかりと自然児になっているのも、余裕感じてすてきでした。





» READ MORE...
2007-09-13 [ Thu ]

2007_0605molokaiamp0057_400.jpg
それぞれの可愛い部屋で、ダブルベットに二人寝も含めて眠りについて、2日目。


2007_0605molokaiamp0020_400.jpg  2007_0605molokaiamp0021_400.jpg  2007_0605molokaiamp0022_400.jpg


2007_0605molokaiamp0023_400.jpg  2007_0605molokaiamp0024_400.jpg朝食後は、思い思いに・・・・。


プライベートプールは、とても気持ち良くアンテイー達も、ずいぶん泳いで楽しんでくれました。娘もこの夏泳げなかった分を取り戻したようにずっとプールで遊んでいました。


2007_0605molokaiamp0028_400.jpgパフェプアメリア・・・そうあの歌の!!


沢山作って、ダイニングを飾ってくれていました。可愛いね!




2007_0605molokaiamp0027_400.jpg  2007_0605molokaiamp0030_400.jpg  2007_0605molokaiamp0031_400.jpg


皆一夜過ごしただけで、すっかりここの住民になり、リラックス。


2007_0605molokaiamp0033_400.jpg  2007_0605molokaiamp0032_400.jpg

本日のワークショップメニューは、マオリのボイボール作りと、ポイダンス。去年のクプナフラのホイケナイトで、MOANAのハラウが楽しい演出でDISNYのUNDER THE SEAをやった時のアリエル役だったタイラが先生でした。綺麗で、Sexyなタイラです。


紐の部分が、三つ編みでなく、四つ編みだったので、かなり苦戦する人もいて、思いのほか作るほうに時間がとられてしまいましたが、その後ポイを貸し借りしながら、前庭に出て、回してみました。娘と私以外は、初めてだったようでしたがアンティー達も楽しんで挑戦していました。

2007_0605molokaiamp0058_400.jpg 2007_0605molokaiamp0059_400.jpg 2007_0605molokaiamp0060_400.jpg
 


2007_0605molokaiamp0062_400.jpg  2007_0605molokaiamp0048_400.jpg 2007_0605molokaiamp0050_400.jpg


2007_0605molokaiamp0053_400.jpg

この自然に抱かれると、皆が子供の心をとりもどすのかもしれない。誰が一番なんて比べる事も比べられる事もここには、存在しないから。


だから伸びやかな、真っ直ぐな心をとりもどしていく・・・何をしても楽しく、誰とも微笑みあって話をする。


ここには、やわらかくて、優しい時間が流れ始めていると感じました。


2007_0605molokaiamp0045_400.jpg  2007_0605molokaiamp0046_400.jpg




» READ MORE...
2007-09-13 [ Thu ]

台風とすれ違いにMOLOKA’Iに旅立ちました。いつもは、娘とふたりで成田へ向かいますが、今度はおなじ町会から一緒に出かけられるSHIKAちゃんがいまーす!2007_0605molokaiamp0001_400.jpg期待いっぱいの旅のはじまりはじまりー。


でもひとつめのハプニング発生。私携帯忘れてきちゃいました


成田までで、どしゃぶり雨にふられてしまったauntyもいましたが、時間通り全員集合。いざHAWAI’Iへ。


2007_0605molokaiamp0003_400.jpg               2007_0605molokaiamp0005_400.jpg
HONOLULUでMOLOKA’I行きに乗り換える時に、ふたつめのハプニング発生。


2007_0605molokaiamp0006_400.jpgでもこの時から神様は、CAMPの味方でした


HONOLULU空港では、飛行機は違いましたが、MOLOKA’I参加メンバーのAHIA FAMILYと会えました


2007_0605molokaiamp0007_400.jpg
ひさしぶりのYOKO達。BUBUもNAHEも大きくなっていて、私達にとっては、心の家族。一緒にMOLOKA’Iに行けるなんてすごーくしあわせ。毎日musicを聞かせてくれます。あー本当に実現出来てよかった。

2007_0605molokaiamp0008_400.jpgMOLOKA’IのKUMUであり、今回の移動を取り仕切ってくれたMOANAさん。去年のクプナフラの優勝ノハラウです。助手席には、我がアンティーboこと北野さん。この2ショットなかなか凄みがあってイケていました。


2007_0605molokaiamp0011_400.jpg
無事初日PU’U O HOKU RANCH到着。


KAWELO、STANLEYが待っていてくれました。


2007_0605molokaiamp0014_400.jpg     2007_0605molokaiamp0018_400.jpg
ワヒネやマノアキッチンを手伝いながら、暖炉に火をいれて、キャンドル灯して、シェフSTANLEYのディナーをいただきました。その間、ずっとJOE&YOKOの演奏が流れています。なんて素敵な初日でしょうか。


この日のために、STANLEYは、ダイニングを素晴らしいセンスで花々で飾ってくれていました。


KAWELOはパフェプアメリアを沢山飾ってくれていました。


愛の溢れた誰もが旅の疲れを感じない、素敵な夜でした。


★★★そう、星は本当に夜空一杯に瞬いてくれていました。


2007-09-13 [ Thu ]

ただいまー!昨日参加者全員無事に帰って来ました。


MOLOKA’I CAMPは、大成功でした。


誰もの胸にきっと忘れ得ぬ思い出が刻まれた事でしょう。


私も同じです。今朝お弁当作りながら、撮ってきたVIDEO


を流していて、Harryに説明している娘、飛び回るKeola。


娘を送る道々、Yokoに電話。Bubuが電話口に。今日もMOLOKA’Iが恋しいと学校で泣いちゃったらしい。それを聞いて、運転しながら前が涙でゆらゆらしました。同じ気持ち、Bubu。私も。皆も。


それでもまた、日常にもどっていかなくちゃ。ちょっとだけ日焼けしてみんな心も大きく優しく強くなって帰ってきたはずだから。それぞれに沢山感じ、沢山学び、人とふれあい、自分を省み、愛する事、愛される事をあふれるほど体験したんだと思います。


それをどれだけ大切に、この日本の日常のなかで、実践していけるかが、問われるところだと思っています。栄養たっぷりの心をすり減らさないで一日一日を過ごしていく。容易ではないけれど、CAMP参加者全員の宿題かもしれません。いろいろな事に屈せずに、あの愛の溢れる時間。人を信じ、信じられる人としての自分を大事にしていきましょう。


今回は参加できなかった皆は、一杯話をきいてみてください。そして参加者からは、こんな素敵な体験を来年は、来られなかった人に譲ってでも体験させてあげたいという声があがりました。時間を作ってMOLOKA’Iの思い出をupしていきまーす。


そして、来月KAWELOはやって来マース。

2007-09-05 [ Wed ]

ともかく、この出発の日があっという間にやって来ちゃいました。もちろん、前々から準備してりゃあいいじゃん。なんだけどねえ。


しかも、大きな台風がこちらに向かっているという・・。


今。錦糸町まで買い物に行ったら、ピーカンに晴れちゃっていましたが・・・・・。でも台風を感じる晴れ方でしたね。


何ケ月前にMOLOKA'Iへ行ったとは思えないなあ。もう10年前みたいに感じます。この7,8月の怒涛の夏。楽しかったなあ。


で、いよいよMOLOKA'Iに発ちます。総勢24名のCAMP TOURとなりました。OHANAのメンバーも稲城から、LANIKEAからと参加してくれたのも、とても嬉しく、これもまた一期一会の共有時間となりそうです。栄えある(笑)、また冒険心の溢れる第1回MOLOKA'I CAMPのメンバーになってくれたわけですが・・・・・。


同じクラスってわけでもないし、きちんともう一度説明しておいたほうがいいし、ってことで顔合わせをしました。ダブルベッドに二人で寝るという部屋もあります。出来るだけ心砕いて考えたのに、家を出るとき持ったペーパーが、考慮中の方だったらしく、発表終えたと思ったら、MANOAのえっちゃん、あっちゃんが「私達はーーー??」そうなんです。二人が抜けちゃっていて・・・ごめんなさい!!またやっちゃった。でもMANOAの二人で良かった。気の弱いクプナさんや、ワヒネさんだったら、これだけでガーンとしちゃうものね。


というわけで、顔あわせからこんな私が皆に支えられつつの添乗員もどきで、まず無事にあの島までお連れしなくては・・・。そう思うと気が重くなりから、いつものように「さあ、いくぞー!」でイッテキマース!自然の中で、ともかくボーっとしよう!生きてるねえお前と自分に言おう!突っ走ってきちゃった数ヶ月。ちょっと一息ついてみよう!


満天の星の下で、ウクレレ弾いて歌おう!いつも料理はharry任せだから、料理部隊員として楽しみたいし。


KAWELO隊長の下、皆無事サバイバルして、心と体に筋肉つけて帰国する所存でございます。どうぞ皆さまよろしくお願いいたします。


きっと「どんだけー!?」連発の楽しいCAMPとなるでしょう!!

2007-09-04 [ Tue ]

KUMU-ZUNA LIVE@November eleventh


前回のBig Kahuna Liveは伝説の1回で終了として、


今回のLiveよりKAWELO自らネ-ミングしたKUMU-ZUNAの名で新たに始めてみます。


今回はお店の感じも、前回とはまったく違うのでお話し合いの結果、大人が楽しめるLIVEの雰囲気でいこうと思います


食事とワンドリンク付で。


夏も去り行き、秋のLIVEにはぴったりかもしれません。


お客様も50弱というこじんまりのハコで、KAWELOももっとリラックスしたア-ティストの顔を見せてくれるのではないでしょうか。楽しみにしていてください。また少しアイディア出してト-タルな流れのあるLIVEにしたいと思っています。


詳しくは、hpのインフォメ-ションのペ-ジを見てください。


MOLOKA’Iから帰ったら、すぐダンサ-、他のHELP募ります。また、予約も受け付けますので、是非KAWELOを応援してくださいね。


 

2007-09-04 [ Tue ]

昨日は、文京シビックホ-ルでのHO’OKENAコラボ沢山の応援ありがとうございました。


特に、レッスンの為リハにマノアのみゆきちゃんが行っていてくれて、とても安心していました。ずっと楽屋で手伝ってくれて、おとなしめのWAHINEを励ましてくれて、感謝です。よしみちゃんも、Helpの声に応じてくれたメンバ-。頑張ってくれて嬉しかったです。


WAHINEは,駆けつけると丁度HO’OKENAの曲のリハだったのですが、まっちろい顔していて、表情もイマイチ暗く゜どうしちゃったのって心配になりました。小坊主がしかられてるって感じでしたね。でもさすがHO’OKENAは、波のないシュアな音でした。


で楽屋で聞くと、もう一曲がメタメタだったらしくきっと心落ち着く間もなくどこか焦りながらのさっきのリハの顔たったんだと合点しました。


どうやら縦のマスの大きさがまったく聞いていたのと違ったらしい。皆でそこで修正をしていました。そのやりとりを聞いて、やっぱり練習量不足を胸の中でかんじました。言っている人、聞いている人皆がわかっているようでモヤモヤしていたんじゃないかな。一をいえば十わかるというほど一緒の時間HULAを踊ってないって事だろうなとこれも心の中で私は感じていました。


そこで焦っても、満足や納得したステ-ジにはきっと成らない事は経験済み。これは、もう気持ちを明るくしてやった事が少しでも出ればなるべく目立つ間違いがなければ恩の字。これも心で言い聞かせました。あとは、みゆきちゃんもいてくれたので馬鹿言って笑い笑わせながら仕度をしました。


今回の恐るべしのパックノルマ120枚。チラシには佐藤昌美(HARRYとは死ぬまで添い遂げますのつもりなのに)プログラムは、誰がどう決めているのか合同曲。たしか舞姫のHANA HOUが始めのお誘いでしたがLEI NANIを見たかったのではないなあ・・・・。これをいい機会にやっぱりスタジオ的には考えようと思います。


OHANAは大きな舞台のチャンスとして、参加していくのは全く問題ないと思いますが・・・・。


そんなこんなで、たまには他のハラウのHULA見てみようかなとも思っていたけれど、楽屋まわりで行きかうDANCER見て、あ飛んでいって見たいというのもなく、でした。


久しぶりのWAHINE外発信だったし、ご一緒ハラウの顔ぶれ見ても小さくなってるのを見たくなかったので、生花で仕度をさせました。また花材そろわない中、ひとりひとりの事を思いささやかクペエ、IZURINのSOLO用のLEI、かあちゃんは、よなべをしてつくってみました。そうこれは、思う存分迷いなく踊れという願いと、HULAを踊る意味、リハの意味、チケットノルマして頭さげて舞台の上に上がるには上がるだけの意志と実践。いろいろを謙虚に学べよのメッセ-ジもこめながら・・・・。


2曲を声援しながら、ともかく気持ち良く踊れればOKのつもりで見ました。表情はわからなかったけれど、あのレッスン量で、さっきのあのリハからすれば上出来だったと思います。沢山見に来てくださったのでどんな感想だったか聞かせてください。


終わったら、急に眠気がきそうだったので、客席まわらず帰ってしまいました。津田さん、島さんお買い物頼んじゃってすみませんでした。あのICE COFFEEはききました。ありがとう!!

2007-09-03 [ Mon ]

文京シビックにて、HO’OKENAとのコラボ本番です。


9名の人数でどれだけ気持ち良いHULAを踊れるか勝負です。


昨日は最後の最後に全員でリハ頑張ってくれました。そうそうやっぱりどんなにリハが少なくても、ステ-ジをなめたらダメだよね


一緒にやるにはやるだけの熱意が響きあわなくちゃね。


この短いリハで何かをひとつでも得ていてほしいなあ。


そして、信じてほしいなあ。


応援よろしくお願いします。

 | HOME |  »

2007-09

プロフィール

Machami 

Author:Machami 
Name:Masami Manuwai
(マヌワイ昌美)
9月16日生まれ、乙女座、A型

❤「Ka hula o Manuwai'olu」主宰❤
~3歳のKeikiクラスからOver 80'sのクラスまで。
 もちろん男性(Kane)クラスも。
 ひとりひとり、Hulaを通して個性を輝かせています~

☆好きな音楽
 Jazz,Bossanova,Soul,Hawai'ian、Tahitian
 憂歌団、ハーヴェスタetc...!Papa-i-yeah Band!
☆好きな食べ物
 おしんこ(きゅうり、かぶ、なす、キャベツ、大根、セロリ)
 おせんべ
☆好きな花
 くちなし(ガーデニア)、プルメリア、ピカケ、イエロージンジャー
★好きな言葉
 いつも心に太陽をくちびるに歌を 花ひとつ髪にさして 

Aloha e komo mai!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

涼しげに花が流れる落花流水ブログパーツ

月別アーカイブ