FC2ブログ

keolaのあくび

一日一笑、、そうありたい!!

2008-01-31 [ Thu ]

3521037ヶ月ぶりにHARRYを病院へ。「体調良くても、体の中にステントはいっているんだから、3、4ヶ月で取り替えないと、癒着したりするよ。出来るだけ来たくない気持ちは分かるけど、ステントが換えられなくなったら、次のステージだよ。」と、担当の愛情あふれるお医者さまに言われておきながら。またもや、ズルズルと引き伸ばしてしまっていたので、気が重い私でした。

「ようやく来たね。」で迎えていただき、「本当にこんだけ空いちゃうと、換えるのも緊張するよ。えっ3月2日にバンドコンテスト?あのさ、HARRYさんは、そりゃタフだけど手術後は発熱あったり変化のあるリスクも考えなきゃダメだよ。そんなに大切な事あるなら、HARRYさんの性格わかってんだからさあ。奥さん管理して、首に縄つけても連れてこなきゃでしょう。」若くて、ハキハキしていて、英語堪能、イケメンのお医者様から、ビシッと叱られて「すいません。」

それでも結局「じゃあ、頑張って!!その間に検査結果は奥さんだけ来ればいいよ。」で次回の入院はコンテストの次の日となりました。残りの検査に向かおうとしていると「よっ死んでなかったか?」の懐かしい声。新宿の頃1999キンカメ沖縄のあと最初に救急車で運ばれてからのお付き合いのH先生のニコニコ顔。本当に口悪いっていうか病院のお医者様としては、すごく規格外の先生。でも私達にとっては、命の恩人。大好きで信頼を寄せている先生。「すいません。死んでないデス。またよろしくお願いします。」「OKOK!」461

病院大嫌いの私ですが、ここの病院の朗らかさ、隅田川の照り返し、国技館の屋根みんな暖かく感じています。51冷たい気のする病院や、ホテルのような落ち着かない所やいろいろあるけれど、空気って大切な気がします。そして、もちろんもう10年もH先生のお世話になってきたんだと、今日しみじみ思い至りました。なにせ娘は0才のクリスマスからですから・・・・。

H先生もイケメン先生も、ものすごくHARRYに優しい。もちろんこのお二人は他の患者さんにも同じだと思います。けれど日本語は、わからない。看護婦さんの言う事きかない。わがまま患者ですぐ怒るは、扱いにくいと誰もが思います。けれどお二人が、HARRYを認めてくれるので、看護婦さんたちもだんだん扱いなれてくれて、正しい患者ではないけれど、憎めない患者に上手くしてもらっています。ありがたいです。354ほんとうに。この先生との出会いがなければ、HARRYは病院に倒れるまでいかないでいたでしょうから・・・。

というわけで、心の懸案だった病院行きをなんとか1月中に実行できました。308

新年明けまして31日。無事でした。おばの逝去という出来事はありましたけれど、あたたかく優しい気持ちでここからのお見送りができました。そして、心配した母も元気を取り戻し、一生懸命娘の最高のGRANMAで居続けようとしてくれています。

エントリーも終わり、さあ今度は私が頑張っていく番です。気も頭も重くなったら、倒れるまで体使うぞ!と喝!

じつは、娘の中学のことを考えるこの2,3日。気も頭もおもーくなる瞬間がありました。(学費たっかいなあ。でも親の考える中でのベストチョイスをしてやりたい!ようし、今から心するぞと。いざとなったら、空き時間パートにだって出るぞっと。)HARRYと緊急meetingを開き、「私達は、この子に目に見える財産はきっと何ひとつのこせないと思う。そして、あなたも私も同じ。それでも生きてきたし、しあわせになれる。けれど教育の環境は、私達の責任と判断で彼女の礎をつくる。だからどうしても頑張らなきゃならない。その事くらいしか私達は出来ないから。と、概算どのくらいかかるかを説明すると、3回ほど訊きなおし、娘の背中をポンとひと叩きし、「勉強しろよ。」と言った父ちゃんでした。

ムクムクとしばらく忘れていた私の中の負けん気が、心と体の奥から沸いてきている今です。

頑張るぞー。それはFOR YOU AND FOR MEだもん!!!!

スポンサーサイト
2008-01-30 [ Wed ]

278元気に朝仕度を急かせながらも、二人で渡る四つ目通り。今朝は、「オー寒いねえ。顔と指が凍りそう。」ではなく、とても暖かく感じられました。

そうです。約束したわけでもないのに、期待をはずすことなく、今度の冬も終盤を迎えていて、必ず必ず、春がやってきます311

ありがたい四季の感じられる日本。その感覚が、温暖化や人にとっての利便を求めた結果で、ずいぶんにぶりつつあるとはいえ、まだ日本の四季はあってくれています

昨日は、娘のSCHOOLのカンファレンスでした。担任の先生と親の面談です。459

3年生にあがり、いわゆる1学期の時に勉強に対しての自信を失いかけているように思えた娘がいました。わかってないのに、わかったふりをする。素直に人にきけない中途半端な自尊心が娘自身を苦しめていると感じた私は、まさに自分の子供時代を見せられているようでした。そんな自分が、それをどう克服していったのかは、わすれてしまいましたが、ともかく私は、勉強でも何でも自分からやらなければ、何も楽しくないんだってことを教えました。人に言われて、気持ちもないのに何かをすることくらい嫌なことはないから、マミはそういう時でも、何か自分で面白くなるように一生懸命考えるんだ。どうしたら楽しい気持ちで、その事をできるかなあって。と、なるべくいろいろな方法を話し、また学科のノートを私が学生の時作っていたように一緒に作って重要項目をまとめてみたりをしてみました。随分今、自分からマミこれやってみるっとすすんで何かをやるようになってきていますが・・・・。

ドキドキでHARRYと、ちょっと怖そうな白人の女の先生の前に座りました。

「何か訊きたいことは、ありますか?」と最初のお言葉。ニコニコ(こういう時は本当に愛想いいんだよなあ)だけのHARRYの横でたどたどしい英語ながら、心配をぶつけてみると、「○○○は、すごくこの数ヶ月で成長しましたよ。彼女はHARD WORKERです。そして、いつも行儀良く、友達もいっぱいいて、クラスルームでも楽しそうです。」とニコっと先生も笑ってくれました。(本当だあ。この先生普通の顔は厳しいけど笑うと娘の言ってたキャラクターにそっくりだあ)ちょっと安心してそんな事を考えながら。すると突然「結婚したんでしょ。おめでとうございます。」とHARRY。(あーそうだった。先生、他の先生と結婚したばかりだったっけ。うまいねえ。こういうタイミングで言っちゃうんだそういう事)と、先生の反応を見ると、もっと形相崩れて、嬉しそう。と、何を思ったかウチの父ちゃん「ところで娘は4年生になれますか?」って。おいおい。「もちろん。だいじょうぶですよ。でも、今のまま気持ち良くやっていけるように励ましてください。」(イエーイ!父ちゃんすごい。)

そんな面談。(笑)やっぱり一人でも生んで育てる覚悟だったけれど、娘に父ちゃんとしてHARRYがいてくれて本当に良かった。父ちゃん母ちゃん揃ってようやく何とかなるマヌワイ家。帰りの車の中、後ろの座席で「○○○、オレは誇りに思っているよ。」などとご機嫌の父ちゃんに対し、助手席の娘は「あっありがとう。」みたいな照れたそっけなさ。運転してる私は、そのやりとりに笑っていました。

娘をインターナショナルに入れたのは、父ちゃんと意思の疎通がとれるあなたになってほしかったから。日本で暮せば、日本語は私も教えられると思ったし。お昼ね付きの新宿の保育園生活から、その年のサマースクールから慣らしたとはいえ、8月30日生まれで、ギリギリなのに1年生にぶちこんでしまったのも、マミの強気の選択。

なのに、不平も不満も言わず、あなたなりの精一杯で、どんなに新しい状況にも対応し、受け入れやってきたんだもの。尊敬です。460

でもきっともっともっと楽しくもなるし、厳しくもなっていくあなたの成長過程。マミはそれを励みに楽しみにマヌワイ家のhappyを続ける為に頑張ります。91

来るべき反抗期にも備えて、きっとマミには更年期を迎える暇はなく、たとえ白髪になろうとも、たとえしわしわにたるもうとも、受けて立てる気力体力はkeepしておくよ。

どうやら私にとっては、結果的に子供を授かり育てる適齢期が普通より15年くらい遅れたかもしれませんが、大正解だと再認識しています。

2008-01-27 [ Sun ]

111「ビームービー」というミツバチの男の子が主役の楽しく可愛い映画観てきました。前回未来泥棒が今ひとつだったので、あまり期待しなかったのですがいやあなかなか、楽しく観てきました。

結構風刺が効いていて、また吹き替え版だったのですが翻訳の巧みさもあって、笑える箇所(でも結構私だけが大声で笑ってたのかも)がありました。映像も自分もミツバチになって、セントラルパークを飛んでる気がしたりして。懐かしいBGMも使われていたりしましたし・・・。

子供がいるとどうしても大人の映画って行けなくはなるわけですが、でもそれでも結構たのしんでいますよ。私自身は、あまり両親と映画には行かなかったけれど。どんな映画でも、心が動いたら連れて行ってあげたいと思います。

映像とか物語とかは、ふっと思い出す事があります。心に残るものは知らず知らずストックされていくものだと思います。

昨日の分ものんびり出来た安息日でした。ありがとう!

2008-01-27 [ Sun ]

105のナビが、壊れていて不安でした。川崎は全く土地勘なし。そこから立川かあ。予想的中で、ナビなしの移動。途中ガソリン入れ、聞いてみると、多摩川沿いに北上していって、甲州街道にぶつかるはず・・。くらいの返事。でも、まあそういうことだよね。時間的には間に合うはずと、走り出すと、川沿いの道狭くなりだし、結局は大原の交差点まで、あともどり橋を渡るのも、環七も渋滞していて、踊りだし30分前の滑り込みセーフ356

それでも、ショーの今回の出演者は、ワヒネのベテラン中心だったので、落ち着いたものでしたし、少し心に余裕が出来てから、本番に臨めました。年に2回くらいの割合で、お仕事を振っていただいている公認会計士さんたちの会合です。いつもの金屏風の前でのステージですが、もう会員のおじさまたちのお顔もすっかり、おなじみになったなあと司会しながら思いました。

ナニオエを踊る姿、エワイアナエを踊る姿、昼に充代ちゃんのPARTYで、いろいろ感じた後だけに、しみじみと感じるものがありました。ついつい司会で、昼の経験を話し、「気がつけば、随分長くこのお仕事をしてきましたが、年をとることも素敵だと今日感じました。」と話すと、普段は強面のおじさまから、温かい拍手をいただいたりもしながら。

お約束のHULA TEACHもいつもより多くの方が参加してくださったようでしたし、よくよく拝見すれば、もうすっかり馴れてくださって、妙に揃っていたりもして・・・。最後にダンサー全員と会員さんたちで、金屏風前に並びの集合写真まで。これは今までになかった事でした。皆ご立派な紳士達が、シャカを作り声合わせて「アローハ237」は、なかなかいいものでした。

朋ちゃんもこちらも参加で、がんばってくれてました。旧1期、4期がいればやっぱりレパートリーは多くなるものですね。

待たせた娘、HARRYと食事より、4878行ってリラックスしよう!と話がまとまり、もうここからは勝手知ったる中央道、首都高とひた走り、待ってましたの浦安へ。その道から見た月が、すごく低く妙に大きくて、ちょっと今までに見た事ない月でした。483何か、天変地異を予感させるような・・・。だからわざと娘とまた笑える話をしながらドライブしました。昨日の月の表情は普通ではないと感じた人がきっと他にもいたんじゃないかなあ。でもともかく無事浦安に着きました。マッサージは残念ながら、一杯で諦めましたが、ゆっくりとお湯に浸かり、長時間ドライブの疲れを癒す事ができました。本当に、冬のお風呂はいいですねえ。290

温まった後の海風も心地よく、後はのんびりした気持ちの安全運転で帰宅しました。

長い、けれど心も体も、気持ちよく思い出に残る一日となりました。354

2008-01-27 [ Sun ]

308土曜ワヒネでもある充代ちゃんのスタジオ「オハナスタジオ」の5周年記念308

そのPARTYに、家族皆をお招き頂いて出席させてもらいました。会場に入ると、沢山の生徒さん達が衣装をつけて和やかに談笑していて、壁には手作りのバナーにひとりひとりの名がハイビスカスやホヌの形の色紙で寄せ書きのように張られていました。その様子だけでも、温かく、やさしい空気を感じたし、充代先生の在り方の色合いまで分かるような気がしました。344

苦手の(笑)ゲスト席に案内してもらって、始まりを待っていると「先生、サプライズです。」と充代ちゃん。「えっ?」と入り口を見ると、懐かしい顔のふたり・・・。「わー懐かしい!!元気だった?」それは、ほぼ同期で充代ちゃんが踊ってた頃の仲間でした。とても驚いたけど、本当に嬉しいサプライズとなりました。しばし「いくつになったっけ?」「今どうしてるの?」「これ○○○だよ。大きくなったでしょ。」などなど興奮気味に話していると、朋ちゃんとMぴょんもやって来ました。もう急に昔話で盛り上がってしまいました。「あのさ充代ちゃんから、キパフル踊ってのメールもらったんだけどさあ。忘れてるんだけど・・・。」振りメモまで登場、昔のVIDEO見てきた・・・とやってると「それでは、そろそろ始めます。」としっかりとした司会を充代ちゃんが始め、「では乾杯の音頭は朋ちゃんにお願いしマース。」「エー!」とあせりまくる朋ちゃん。それでも、きちんと前に立ち立派に挨拶をして「かんぱーい!」315307307315

沢山のお料理に、おしゃべりをしているとプログラムが始まりました。もちろん司会は充代ちゃん。424そして音だしは、お手伝いしている生徒さんと、やっぱり充代ちゃん(笑)自分を見てるようで、手伝ってあげたい感じでしたが、同時にそんな充代ちゃんの一生懸命な姿を心の中ですごく嬉しく思いました。スタジオで会う充代ちゃんとは、また違う魅力が、オーラがありました。353そうそうオーラといえば、以前1回だけ充代ちゃんの先生としての姿を見かけた事があって、あれは銀座まつりの時、ダンサーで踊ってくれた彼女に花束を持って駆けつけたたぶん生徒さん。が目に★状態で「充代先生!!」とささげ渡す(笑)場面を間近で見て、びっくりし、「ベル薔薇な感じの先生なんだあ。」と思った事がありましたっけ。254

次々と生徒さん達の熱演。その合間に充代ちゃんの落ち着いたコメント,司会。生徒さん達は年齢はさまざまで、それぞれが一生懸命で、なおかつまたどこかが先生を彷彿させるものがあるんですねえ。不思議だけれど、去年8月のミニホイケもどのオハナグループも生徒さんには先生のカラーというのかしら、どことなく先生に似ていることに感動しちゃいましたが。まさしく同じ感覚を持ちました。生徒さんの中に、本当に底抜けに明るい感じのムードメーカーがいらっしゃったので充代ちゃんに聞いてみるとフィリピンの方だそうでした。本当に楽しんで踊っていました。

ウクレレを弾く生徒さんも沢山いて、HARRYは嬉しそうにいそいそギターとアンプを持ってきて一緒に演奏させてもらったり・・・。269

朋ちゃんとうちの娘2人でのHULAも照れながら飛び入りで踊ったり・・・・。415

楽しくプログラムは、進み

そして、ゲストコーナーとなりいよいよキパフル12充代ちゃんセンターに朋ちゃん、旧仲間、私でこれでしょのトライアングル356しかしながら、自分で作ったのに、レレイムアで皆が進むところをひとりイホペだったりしちゃって408でも皆が「えー踊れないですう。」くらいの事を話していたのに、しっかり踊っている事がちょっとまた嬉しかったりしちゃって・・・。もう1曲ハワイアンララバイを充代ちゃん、朋ちゃんとの3人で踊らさせてもらいました。私は、今日ここに招いて頂いた事へのありがとう!と5年間頑張った充代ちゃんよく頑張ったね!の心を込めて、幸せな気持ちで踊らせてもらいました。

充代ちゃんに花束贈呈。そして充代先生がセンターで踊るTALK WITH ME WAIKIKIでプログラムは終了。先生から身内のご不幸があり、本当だったら踊ってられない状態の生徒さんも一緒に踊ってくれていた事を聞き、涙ぐむ姿を見て、もらい泣きしちゃったところに「では先生しめの言葉を」ごめんなさい。何をどうお話したか覚えてないです。しめられたのかどうかも。でもきっと伝えたい気持ちは伝わったと思います。

普段なかなかゆっくりと話す機会がない土曜クラス。それでもこんな地域のおまつりやりまーす。とか報告をくれていた充代ちゃん。思い返せば、イベント続きで何年もまたがってしまったインストラクター育成コースも最後の最後まで、きっちりとやり遂げた数少ない人のひとりでしたね。どちらかと言えば、静かな物腰、慌てたり騒いだりしない、けれど自分で決めたことへの情熱や、責任の取り方は力強い。初めて見せてもらった「先生」姿に、私はhappy!そして私自身も20年近くスタジオやってきて、間違ってなかったかなって思わせてもらった嬉しさで胸一杯になりました。

母まで誘ってくれたPARTY。ありがとう!!充代ちゃんのオハナスタジオは素敵なスタジオでした。安心した。そして私自身学ばせてもらう事沢山ありました。

そして川崎をあとにして、ダブルヘッターの2つめの会場立川へ。でもナビが壊れていて・・・・・。は、またあとで。

2008-01-25 [ Fri ]

家では、見られないMXTVですが今日えりかちゃんが持ってきてくれて、おそるおそる見ました。カネからの放映で、すごくいい感じだったので楽しみにしていたのですが、人数が多くなると、前全体を映してくれているときは、いいのですが、アップでよろうとすると、下手側があまり映らない感じは確かにありました。

でも私は、どのユニットもHULAを楽しんでいる。今を生きている感じがすごくして、嬉しかったデスヨ。アップの回数が少なくっても、その作品は、輝いていました。もし寂しい思いをした人がいたら、ごめんなさい。「私ここ!」って見た方によく言ってくださいね。広いとは言えないステージで、しかもカメラのアングルまでは、指定できないからね。

まだこれから放映のワヒネ、ケイキ、私の中でおそろしいのは、私でーす。えーそこでのびるんだKAWEちゃんって場面が多く、すっ倒れそうに踊っているはず。知り合いには、そこだけ見ないように(笑)すすめておいてね431ほんとやばいから。

MX見たよーと連絡くれた旧友や、元仲間もいてくれたりした、それはそれでくすぐったくもあり、嬉しくもあり、懐かしくもありでした。結構皆何だかんだ言って(あっ言ってないか)見ている人多いんだあと感心しました。

SINGのまゆちゃんのフルートすっごく素敵でしたね。その前のルカちゃんコンサートの数日前からのリハと本番だったから、客観的に全部を映像付きで見たことがなかつたし、すごくすごくまゆちゃんが美しかった!フルートの音色といい、演奏している時の表情といい、GREAT JOBでした。もちろん母みやちゃんは、安定感のある演奏とマナーさすがに素晴らしい!そしてそして、KAWEちゃんの何と気持ちよさげな顔でしょう。嬉しかったよ。あんなに気持ちよさそうにうたっていてくれてたんだね。私もBASSがんばるぞっと今日見てから、気合入れなおしました。

2008-01-24 [ Thu ]

masamikaili manuwai 056_400可愛い私の天使です!

日曜から少しいろいろ感情が、懐かしさの方に揺れてしまっていたような気がしています。

でも、その間に心がほっとしたり、そのやさしさにふれてなぐさめられたりすることが多々ありました。

月曜の朝起きたら、Hawai'iからの優しい言葉。母を案じてくれる気持ちが届けられていました。266

その夜すべてのレッスンを終えて、久々残ってた娘と体丸めながら家に帰ると、リビングテーブルの上に、見慣れないお宮さんの白い袋が、新聞やDM,手紙とともに置かれていました。

何だろう?と袋をのぞくと同じお宮さんの小さい袋が4つ。中には、可愛らしい鶴のお守りがそれぞれに入っていました。どうやらブログを見ていてくれて、飛んできてくれて、そっとポストに入れてくれていたらしく、お手紙も添えられていました。その優しさに泣けました。すぐにHARRYと娘の定期につけました。そして私も。きっともうひとつは、母を思ってくれたのだろうと考え、母にもとどけさせてもらいました。いつもその限りない優しさ、人を思う気持ちに驚かされて、幸せにしてくれる。離れていてもずっと私達も思っている大切な存在。420

昨日は、沖縄に出たという雲、小さな携帯の写真ですらほんとうにそう見える「神さまの手」のメールが届きました。しあわせを祈ってくれてのものでした。320

沢山の温かさにふれて、心がジワーときます。寒い中帰ってきて、温かいお風呂に入ったからだのように、ジワーとして、そしてポカポカしてきて、心地よくなることができました。224

この世で生かされているという事は、物体としての体と形では見えない心が一緒にある状態なのだと、この2,3日そういうふうに思うようになりました。物体は、こころの入れ物なんだあって。

で、心がしあわせであるっていうことは、人との関わりの中で、初めて生まれるんだってことも。

そうだ。だから、やっぱりgoodthingsだけを口にして歌いたい。Happyな気持ちでいたい。皆同じだから。

傷ついた気になったり、相手に気持ちが届かなかったりした結果を見たり、そりゃあ人との摩擦があったとしても恐れずに、自分の中でsingを口ずさんでみる。信じる心で歌い続ける。266

Happyに、大きな声で、力強く、できるかぎり、自分のやる事、言う事に思いやりを込めて・・・と歌ってみる。341

100%なんかじゃあない自分も励まされていく。少なくとも、前を向いて明るい方向に歩いていける気持ちでいられます。344

あなたに。きっとここで会えているあなたにありがとう!あなたに心を返して届けられる私になるね。

 


2008-01-24 [ Thu ]

スタジオ1Fに COFFEE のサーバーが入りましたアア!759375308

 

もちろんCOFFEE好きの私は、ここのところ1杯ずつとるのでスタジオでは飲んでたのですが、以前から特にMANOAのEちゃんとかに、「先生、下でコーヒー飲めるようにしようよ。」と言われつつも動かなかったのですが、ついに!

じつは、日曜鴨川行った時にガソリン入れて、ものすごく運転疲れちゃっていて、コーヒーと思った時にスタンドに置いてあったのと、同じのが、インターネットで見てみたらすぐ出てきて、アン時のコーヒーすごくほっとしたし、缶コーヒーにはない香りもちょっとしてくれて、その後元気とりもどして運転できたので、何かの縁を感じ問い合わせ、今日営業のカワイイ女の子が、お試しもってきてくれて、決定しました。正式には来週の月曜からですが、今お試し用に置いていってくれました。

バンドや大勢の時は、合羽橋御用達のメーカーがありますが、レッスンの前後に下のちょっとした時間。今はコーヒー好きには、寒い中歩いて来て、ちょっと一服にはもってこいかなあって。どうぞ活用してください。1杯100円を貯金箱に入れる方式!

モスバーガーもジョナサンもいいけどさ、下ひろくなったし、物をていねいに扱ってはほしいけれど、TIKIラウンジは振り確認で踊っても一般人に迷惑かけない場所です。

その営業の子が、月回ルートマンが来るのでって説明してくれて。私は、吹き出し何ルートマンって言うんだ。どんな恰好して来るの?スパイダーマンみたいなの?と、聞くと、いいえあの、ふつうのシャツで・・・。と。でもその後ルートマンが説明に出てくる度におっかしくて笑うと、彼女もツボにはまりましたね。今まで説明して、引っかかった事なかったですけど・・・。って。そうなの?営業のものがとか、エリア担当のものがじゃなくルートマンってか。でしたが、カワイイ営業さんでした。私、忙しい時は、滅茶苦茶冷たく接してしまうけれど、仕事の外回りの人って基本は応援したいクチです。がんばれ若者!って思って、逆に時間あったりいいタイミングで来られたりすると、いじりすぎてしまうきらいもあるかなあ。いずれ営業さん泣かせのマサミちゃんかも・・・・。

だけど、わけわからん賞をくれるの営業(とは呼んじゃ失礼か)は、もうお断りです。

2008-01-24 [ Thu ]
2年続けての「江東区アマチュアバントコンテスト-粋でイナセないいバンド」の本選出場の
我らがギャラリーのすてきな音楽隊!
Papa-I-Yeah!Bandに
これは、去年の模様ですが、わけわからないまま結成数ケ月での本選までは、無邪気と無知を武器に楽しんだものでした。あれから、1年。まあ人並みに浮き沈み(笑)を経験したり、意思の疎通に問題抱えたりもしながらも、去年は出られなかったNew memberも含めたやっぱりの大所帯のBandにもどり、さらにここのところ加わってくれているMANOAのMちゃんのイケメン若手も、そしてきっとMちゃん本人も加わっての賑やかしを、パワーアップしてぶっぱなしたい!!!!
「SING」の精神でレッツラゴー!
一時は、皆が難しい顔しちゃって(とくにウチノガ 笑)私、気持ち的に楽しくなくなっちゃいそうな時もありました。でも、また紆余曲折ありながらも子供も含め来る人歓迎の空気になり、わがままコーラスも入りの私の大好きなおバカな味わいにもどってきて、個人的には、Happy!
Bassにまわって余裕が前ほどないけれど、予選で自分の中で弾き切れなかった悔しさを残しているので、今回はメンバーにハッパかけてるところのパフォーマンス部分、パーカッションのYOSHIさんとペアタッグを組むつもり(笑)
男組にいれてもらっているからにゃあ、持って産まれた私の男気全開して、本番まで燃えてくよ2007_1019molokaiamp0072_400.jpg
2007_1019molokaiamp0071_400.jpg



昨日ラニケアの心優しいふたりの仲間が、「バンドの応援いくよ!」とチケットを買ってくれました。MAHALO NUI!嬉しいから、ファンクラブの名誉会員にしてあげる(笑)
今年は、さらにさらにウチのキャラリーから、女組のMANU ALOHAも本選出場すっごい楽しいことですね。来年は、もう1組コブクロ風な、ハワイアンバンドもうひとつぐらい生み出したいなあってプロデュースサイド的には(笑)目論んでます。ただ今メンバー募集中でーす。
2008-01-23 [ Wed ]

276一昨日あたりは、降る降るの予報でしたが、今朝はそれほどかまえていなかったら、雪になりました。

娘を送る九段下くらいから、BGMのボサノバにあわすように、踊るように雪が舞い始め、SCHOOLにつくと、もう駐車場の車にうっすら積もっていました。マリア様さぞかし寒かろうと思いきや、外の空気はむしろ晴れの日よりあたたかさを感じました。また、小雪の中に立つマリア様は、変わらずの微笑で迎えてくれました。ほっとします。マリア様の前に立つと。

娘の最近のお祈りは、「EARTHの為に冷やせるように雪を降らせてください。」が必ずついていましたので、ご機嫌です。

「マミー、ようやく降ったねえ!神様きいてくれたね!」そうそう、子供の頃はすごく嬉しかったものでした。校庭に朝一番で到着して、誰も足跡のない真っ白を見るのが好きでした。雪合戦や雪だるまづくり。服が濡れるのも、冷たいのもお構いなしでした。

楽しそうな娘をおいて、今日は荻窪のラニカイ行き。あきるのに出張している頃、レッスン中に雪が降り積もってしまい、中央道にでるまでの一本道、一車線の急坂で前の路線バスが傾斜を上がれずズズっと後退してきて、すごくこわかったのを思い出しました。でも、杉並だし大きい道路だし大丈夫でした。そして、BAZZERでご一緒したママ、水曜のモダンダンスの後、荻窪駅まで娘を乗せてくださるママ、ふたりの娘のSCHOOLのママがこの雪の中、体験見学に会場まできてくれました。今、SCHOOLには、娘の先生であり、MANOAのメンバーでもあるSさんが、ママ達にSCHOOLでHULAをSHAREしているのですが、時間があわなかったりするということでした。でも、Sさんがやりにくくなったら嫌なので、きいてみると、もしOKだったら是非やってといってくれたのでのご紹介でした。

青梅街道を新宿抜けてくる間、ずっと雪が舞い続けていました。雪がフロントガラスに向かって、何かを一生懸命はなしかけているように感じ、父を想いました。父のなくなったのは、こんな雪の日でした。17の時ですから、32年前の2月10日の雪の日。そして、おばの顔も雪の上の白い空に浮かんできました。新宿の高層ビルも雪に煙っているようで、白いってやっぱり清らかで素敵だなあとも感じました。

スタジオにもどり、ノケクラの皆は来る時大丈夫かなと心配していたところ、何と最年長の大塚さんが一番乗り。LIVE出演もあり、はりきっていてくれます。今日知ったのですが、LIVE前の日曜日のお誕生日で89歳です!!すばらしい!ね!

でもちょっとした雪でも都会は、現実いろいろい麻痺したり事故ったりしますから、皆気をひきしめていきましょうね。

2008-01-22 [ Tue ]
DSCF1146_400.jpg
初詣は、浅草に。あいらぶあさくさ。GRANMA,HARRY,娘と。2008も幸せな日々であるように。
そして、たくさんの課題をくれた新春歌舞伎鑑賞と粋じゃあねえかい。DSCF1148_400.jpg
DSCF1152_400.jpg
演芸場もちいとのぞきたかったんだが、そうそううまくはいかねえやね。そいでも、顔抜き看板で写真とつてくるっちゃあ、おめえさんがたもぬけめねえってことよ。DSCF1154_400.jpg
おいおい、獅童たちの看板の前で、調子づいて写真とってやがるのは、どこのどいつだい?なに?まぬわい?じゃあしゃあねえな。あいつらはいまどきめずらしいすっとんきょうなやつらよ。DSCF1155_400.jpg
DSCF1156_400.jpg
2008-01-22 [ Tue ]
DSCF1141_400.jpg
DSCF1139_400.jpg

DSCF1138_400.jpg

DSCF1136_400.jpg

DSCF1116_400.jpg

DSCF1111_400.jpg



冬休みの思い出。ハワイアンズに行ってきました。娘8歳のクリスマスはフラガールの里で。
GRANMAも泳がないわといいつつ、すっかり水着でスライダーまで、娘と付き合って乗ってくれました。ショウもタヒチアン主体でしたが、展開の仕方が参考になりましたよ。GRANMAはエステ後のピカピカのスッピンです
2008-01-21 [ Mon ]

276結局、予報はずれて雪にはなりなせんでしたが、寒い一日でしたね。今朝目覚めた時、いつもの朝の支度の流れをしだす前に、「今日も生きてる。」と感じました。

「ありがとうございます。がんばります。」と思いました。

そして朝ご飯、お弁当をいつものように作る自分がいました。

おばが、亡くなって、でも生き残っている者には今日が与えられ、与えられた限り、放り出す事もなく、今日を生かさせてもらう。それなら自分の精一杯でなければ、おばに申し訳ない。今日をくれた神さまに申し訳ないと感じます。

同時に、一人の人間がこの世を去ろうとも、何ひとつ変らなく映る日常があることの、一抹の空しさも感じずにはいられませんでした。

自分に言い訳せずに生きよう。さぼらず生きよう。この一日を悔いないように。

今日の私は、その思いだけで一日過ごしました。

HULAを踊ることは、私にとって大切な心の導き、宗教かもしれません。みんなと200年は生きられないかも・・・そしたら天国でパウ着て会おうねって。またきっと踊っていこうねと約束したクラスもあります。焦ってしまってもいけないんだと思う。時間がないって急かされては、味わえない日々の大切な輝き。ただただ、心に背いたことをしている暇はない。と言う事。信じる事を貫いていかなきゃ。

みんなの時間もとっても大切だよね。みんながスタジオに通ってきてくれる選択、時間に見合うだけのHEREでなきゃ、みんなに申し訳ない。やるよ。がんばります。

みんなありがとう!!みんなと出会えて幸せです。みんなが大好きです!!

2008-01-20 [ Sun ]

朝7時。今週も安息日の朝寝坊から、おきだして朝食の支度をしようとしているところに、TEL。母からでした。

おばが、亡くなった。という知らせでした。たった一人の身内だから・・・。と電話口で泣く母の声でした。今日は何もないから、ともかく会いに行こう。と言い寝ている娘を起こし支度をさせ、HARRYに説明すると、彼は炊きたてご飯でおにぎりを作って送り出してくれました。

母の家から、まず千葉北にいる親戚よりも深いお付き合いをしているご夫妻のところに寄って、奥さんを乗せ、相変わらずの不具合のナビが、何故かそのお宅を出るときには画面がでたりする偶然も必然に感じながら、鴨川に向かいました。

母には兄弟が5人いますが、血のつながっているのは、姉にあたるおば一人でした。おばは、今でいう新宿歌舞伎町の中で、長い間ジンギスカン料理の店をやっていました。着物の似合う、鼻筋通った美人で、有名でした。母とその店に行く時には、おばはよく軍歌や寮歌や唱歌を置いてあったPIANOで弾いていました。私はいつしかその歌を覚えて、口ずさめたり弾けたりするようになり、後で何でそんな歌しっているの?とよく言われたものですが、まぎれもなくおばの影響でした。そのおばの家に17の頃は家族3人(母、私、弟)と居候していた時期がありました。父が急に亡くなり、財産放棄をした頃だったんでしょうか。その時は、いとこふたりと筋萎縮症と闘う祖父も同居という、大家族状態でしたが、居候する私達が何ひとつ不自由や気後れすることもなく接してくれた情のあるおばでした。

おばが店を閉め引退した後は、熱海の企業の寮母となったりしばらくは、一人で伊豆に暮らしていて、その時は、母と遊びに行ったりもしたものでした。その頃のおばは、着物をシャンと来て背筋のばして出勤する姿ではなく、仙人か優雅な世捨て人のような達観した姿だったように記憶しています。それから、私のひとつ上の従兄弟は結婚し、天津小湊で障害者の学校の先生として働き、立派な家を建て、おばを呼び寄せたのでした。そちらに移ってから、私は2回しかいった事はありませんが、可愛い一番の自慢で宝の長男と暮らし、孫3人にも恵まれ、いろいろあったろうけれどしあわせな70代を過ごしていたんだろうと思います。

べったりとではないけれど、母とおばは、互いの愚痴をこぼし合い、時には姉妹ゲンカもしたのかもしれません。でも早く母を亡くした二人にとって、私はあったことのない母方の祖母、琵琶弾きだった私の大好きだった祖父の思い出を胸に、どちらも女ひとりでがんばってきたのではないでしょうか。私からは、とてもいい姉妹だったと思います。それだけに母は、もうたった一人の肉親だったおばが逝ってしまった寂しさや喪失感は、どれだけのことか・・。私なりに理解できます。

鴨川沿いの大きな病院の最上階に、おばは美しく横たわっていました。何て声をかけようと思っていたいとこは、すっかり貫禄のある先生になっていて、落ち着いて私達を案内してくれたのですが、私はその中に一緒におばが東京から来るのを待っていた夏休みの伊東にいた彼を見つけて涙があふれました。その部屋は明るく、窓際のボードを開くと、冬の海が陽光に照らされていてそれを一望できました。その中でおばは、本当に美しい寝顔で眠っていてくれました。随分会ってなかったと懐かしさでいっぱいになりました。ポックリと死にたいと言っていたおばは、思い通りだったと。いとこの家で暮らせたことが最高の幸せだった、ありがとう。といとこ夫妻に言いながら泣く母でした。80歳と数ヶ月、でもよくあっていた頃と、一つも変らないおばの表情で、話が聞こえているのではないかなと思うほどでした。初めて、そういう場面に立ち会った娘も、落ち着いていて、私はおばちゃんはなくなったけれど、みんな生きているってことは、なくなっていくって事なんだよ。だから寂しくないんだよ。みんな同じなの。ちょっとだけ会えなくなる時間ができるけど、その後がんばって残った人たちで生きていくの。そして神さまが決めた時間がきたら、みんなそれぞれに形はなくなるけれど天国で会える。それはもうずーっと会えるんだよ。と話しました。

きっと娘なりに、GRANMAの涙、言葉、私の言った事を受け止めています。昔棺おけに釘を打つという行為をさせられた事があって、どうしてもそれが受け入れられなかった私の経験から、そんな心が苦しい場面があったらどうしようと心配だったのですが、今日のあのお部屋は、とても美しく暖かい場所でした。だから、きっと娘は人の形がなくなる事を死とする概念は、怖かったり嫌なものでなく受け止められると思います。

場所を移して、弟夫妻もやってきて、お別れをし帰りは娘と二人の車中でした。「マミ、きっとおばあちゃんはモロカイでいちばん光る星になったんだよね。」といいました。「大きくなってから会ってみたかったなあ。」と。その言葉にまた胸いっぱいになると「マミ笑うのが一番!。」とCDをかけて、楽しくリズムをとって笑わしてくれようとしました。「カイリ、一緒に来てくれてありがとう。マミはカイリがマミの子供になってくれて本当にしあわせだよ。ありがとう!」と言いました。

帰って、HARRYも心配していました。HARRYと結婚し娘が1,2歳の頃におばの家にお邪魔し鯛を釣って、おいしいすし屋に行き、さばいてもらって食べたのをよく覚えていました。いいAUNTYだった。と彼は言いました。結婚は母が大反対で、すべての親戚関係からすっかり切り捨てられてしまった彼だけど、だからこそ、日本に来てから良くしてくれた私の周囲の人間をとてもおぼえているんでしょうね。

おばと、この世で会えないのはたしかに寂しいけれど、おばの残してくれたぬくもり、教えてくれた姿、小さい頃の思い出は私達の中に消える事なく生き続ける。そして形としていとこがいて、可愛がった3人の孫が生き続ける。そういう事なんだと思う。人はそうして過去から今までつながっているんだ。私は、寂しいし、哀しいし、厳しいけれど、だからこそ生きさせてもらってありがとうと思う。人がすごく愛しい。

おばは、きっとあのきらきらした陽光の海の上をあの光に導かれて天に旅立った。

私は、たったひとりになっちゃったと感じている母に相変わらずの悪態もつきながら、娘にうんと手伝ってもらってそのしあわせは、本人の思い描いていたものと違っていたとしても、楽しかったり嬉しかったりする時間を多く作ってあげたいと思います。

2008-01-19 [ Sat ]
2008-01-17 [ Thu ]

60東京でも、夜中に雪がチラついたと朝のニュース。娘は、SCHOOLで地球の温暖化をならっているらしく、昨日のおやすみのお祈りは、地球を冷やさなければならないので明日は雪になりますように。でした。

SCHOOLのある練馬は、このあたりより寒く感じるので、ひょっとして雪が残っているかと期待して校庭にいきましたが、残念ながらそれはありませんでした。

このところ、昔ながらの冬といった趣がする日々です。風邪引かずに、体を動かしてがんばりましょうね。

昨日は、すごくはFUNKY、FUNNYな日でした。なんと、半日の間に4人の男性の訪問があり、電話が1本。レッスン中のwahine達もびっくり

そのうちの2人は、初対面の方でしたが、ひとりは、黒スーツにひげ。名刺には、かたぎのものとは思えないような(ダイモンっていうか・・・)マーク入っていて、文化振興何とかって・・・。「マヌワイさんの所の国際交流のお仕事を評価し・・・・・」ときた。「国際交流って、KAWELOを招いてるって事?えーっ、おじさん何者?ウチお金ないし、詐欺みたいなのにひっかかってみたりするほど暇じゃあないのよ。」とここまででたけれど、上でレッスンしているし、そこは抑えて「今レッスン中で、アポなしで来られてもこまるんですけど・・・。話の内容も見えないし。よろしかったらお名刺をいただけますか?」ということで、お引取りいただいた。新手の企業紳士録的なご商売かしらと、過去の経験からは推察させていただいたのですが・・・・。大丈夫ですよ。皆に危害などおよびませんから。     

その人としゃべっている時、ちがう人が戸を開けて覗くので、「やばい。手下(笑)とか連れてきちゃってんの?」とガラッとあけると、爽やかな営業マン風「何か用ですか?今レッスン中なんですけど何かのセールス?」ときくと、「近ツリです。書類おいていきます。○○の・・・」ときたので「あー私○○キライなんだあ。じゃ失礼ごめんなさい。」と二人を置いて上にあがっちゃいましたよ。もう・・・。

そしたら、次は直前に確かに電話でアポというか、「行ってもいいですか?」ときかれ、お断りする理由はなく知っている方だったので「どうぞ」といっておいた方がいらっしゃいました。どうも練習を見たかったのか他の目的だったか結果判然としないのですが少なくとも私に用事ではなかったようで、何も話さずお帰りになり・・・。

狐につままれたようになっている私達に追い討ちをかけるように(笑)もうひとり階段をあがってこようとする男性。

でもこの方は、ハワイアンショップの方で表敬訪問ということで、一緒に最初からの顛末を見てたWAHINE達もさすがにちょいと身構えてましたが、事なきを得ました。

そして途中には、日テレの番組から「男性にHULAを教えてほしいんですができます?」「ハ?」「タレントさんにHULAを教えてもらって、出ですね熱海とかの宴会場で披露するとかできますかね?」「ハ?」「でですね、まだ決定ではないんですけどやるとしたら2月○日になると思うんですけど、熱海なので一日拘束な感じでえ。」「お笑いですね?」「ええお笑いの人もふつうのタレントさんもいるんすけど。」「何の番組ですか?」「ぐるぐるナインティーナイン。」「えーと、できなくないと思うけれど決まってない事じゃお返事できないから、まあ詳細決まったらご連絡いただけますか?」という電話の問い合わせまでありました。

どんだけー!と叫びたいような面白さでしたが、そうそう身を引き締めてまいります。はい。

 

2008-01-16 [ Wed ]

皆、どんな新年の滑り出しですか?こちらは、今夜のラニケアと明日のカヒコで、クラスが全部始まる事になります。

昨日は、TAHITIANの初日となりました。私も含めて6pという、ちょっと寂しい出だしではありましたが、皆で意思統一をはかり、毎週だといろいろな意味きつくなるかもという事で、

月2回ペースで頑張る事となり、TIMIRIにもそれで許してもらいました。というわけで月2ならやろうかなあと、思う人は是非声をかけて下さい。ニューカマー大歓迎です。それにしても、アミーのように円を描くのを早く回そうとすると、体に力が入ってしまい、「うーん、もう!!」みたいな私です。でも出来ないから練習!出来るようになるのを夢見て。がいいんだよね。今の私は長年やりたかっった事ができる楽しさがあります。またこの間の日曜朝、TVでタヒチをやっていて、娘と
「あのハートの島絶対いつか行こうね。255」と約束したし、2009には行こうよとKAWELOとも話したりしていたので、頑張って少しくらい踊れるようになっていきます!

どうなっちゃうかな?と心配していた月曜のKUPUNAさんの大移動(ゲルマンかって)でしたが、蓋をあければ想定内の収まり方だったようです。もう、そうと決めたからには、どちらさんも腹くくってお願えしますぜって感じです。

エントリーも集まってきていて、身の引き締まる(ほんとに引き締まればLUCKY)思いでいます。

スタジオも荷物をカーテンの中に入れてもらえて、すっきりしていますが、相変わらずにペットボトルは何本も置き忘れています。冗談じゃなく、保育園の哺乳瓶置きのように籠でも作って入れていただき、帰りは必ず持ち帰るようにしないとダメでしょうかねえ。去年のミニホイケでゴミゼロができたのは、ゴミ箱をなくしたからだったのでしょうか・・・。今年のHOIKEでゴミゼロを徹底する為に、日頃から気をつけていきましょう。1

もう梅の蕾が見られますね。湯島や亀戸はどうでしょうね。TVや娯楽が今ほどなかった時代の日本人は、もっと自然の季節に敏感で、それを大切にしていたのでしょうね。寒さの中で、一番にほころびだす梅に明るい春待ち心を寄り添わせて、花見をしていたのでしょうね。素敵だなって。もしかして、そっちの方が今より素敵かもって思える年齢になっちゃいました。歌会始めの今日、和の花梅に会いたくなりました。

2008-01-15 [ Tue ]

いくつかの報告とお誘い。

75まず今日から、TIMIRIのTAHITIAN class(レギュラー)が始まりますが、思いのほか少ない人数での出発になりました。お試しの数回は、けっこう人数がいましたが、夜の時間という事や、レギュラーということで、減ってしまっているのかもしれません。でもまずは、このメンバーで始めてみます。また、やりたいのだけど時間がどうにかならないか等の希望がある場合は、是非私まで申し出てください。

それとは別にhappy tahitianのような、振りを教わるというより、ステップ重点の時間も作りたいと考えています。

69kahiko classも今週木曜日から、月2ペースで始まります。こちらは、思った以上に必要性を感じていた人がいたのだと知りました。本当にカヒコのカの字からの学びになると思います。

752/11の赤坂LIVEは、今回もおかげさまで満員御礼となりました。50のキャパなので、すぐ満員になってしまいますので予約はお早めに。

KAWELOの考えに基づいて、LIVEがスタジオ=ギャラリーのアンテナショップになっていけばいいと思います。

今回は、ノケクラの大塚さん、クプナの柴崎さん、カネのシゲちゃん、マノアのまりちゃん、りえちゃん、ワヒネの美香ちゃん、玲ちゃんがSOLO dancerとして、出張ギャラリーを飾ることになります。宜しくお願いしまーす2

68KAWELOのKU’U OLA第2期は、基本火曜、土曜と在籍を決めて2月から始まります。どちらも20Pほどなので、外の会場は借りずにできる事となりました。特に火曜日は、昼時間の設定にできますのでがんばりましょう。

289江東区のアマチュアバンドコンテストの本選が3/2 去年のミニホイケの会場だった文化センターにて行われます。厳選(だと思う)15組に2バンドが私達です460

是非その日は、空いてるよの皆さん、会場に応援、声援にきてくださーい。

会場のアンケートで、決まる賞もあったりします。皆さんの清き一票ヲパパイヤとマヌアロハにお願いしまーす459

チケットは1000円でーす。

2008-01-14 [ Mon ]

28WHY YOU DANCE・・・

何故HULAを踊っているんだろう。何故私は命を与えられて、50年近く生きているんだろう。

不思議です。昨日から成人式の様子など見ていると20の時の自分を思い出しました。17で父を失い、サバイバル真っ最中の母、弟、私の暮しの中で、二十歳となった私が覚えているのは、アクシデントツ続きの家計の中で、子供の頃からのお年玉貯金だけ確保してくれていた母に、晴れ着はいらないし、式にもでないから、そのお金で免許をとりたいと頼んで、せっせとDRIVING SCHOOLに通ってた気がします。

年末整理して、20から30代くらいのアルバムとか出てきて、さすがに独身の頃はもう少し身繕いもしていて、アチコチ海外も遊びに行き、ともかく遊びまわっていた気がするのに、どの自分の顔もすごく不安そうな、糸の切れた風船のような、暗く不幸せな表情なのに、自身で驚きました。適当にちやほやされてもいたし、遊ぶ事には事欠かなかったのに、心が空っぽで、実は何をやっても虚しくも感じていて、誰も知らない所に行きたいという強い願望のあった頃が、私の二十歳かもしれません。

大人の世界はとっくに見ていたし、お酒もタバコも、はいすでに経験していたように・・・(笑)

きっと一くくりに二十歳といったって、いろいろな状態の子がいるのだろうなと自分を鑑みて思いました。同時にまた娘の二十歳の姿を思い描いて見ました。まず自分達親の年齢からおさらいすると、私は61.HARRYは75ですか・・・・・。やっぱり何度やってもこの足し算は、変わらないやね。(笑)

でも正直どんなスタイルの娘になってるか分からないけれど、私の二十歳のように暗い顔している彼女ではなくもっともっと背も伸びて、もうきっと私よりいろいろな事が出来る人になっているだろうなあと思います。できればその頃の私達も今より極端にパワーダウンせずに、生きていられますように。と。

世をすねて生きていた頃の自分の周りにいた大人達は、皆一癖あって、赤軍派の爆弾犯だった人とか、死刑廃止の為にせっせと活動するサラリーマンとか、婦人誌の編集者なんだけど毎晩ゴールデン街で飲んじゃあ中島みゆきで泣く奴もいたなあ。慶応出の右翼の会長も。ボクサーの白井さんも。一緒に飲んだ中には、三輪明宏松本清張(飲まなかったけど)、梅宮たっちゃん、名高達郎、などなどの有名人もいたけれど、つまりひとつ背中おされたらどこへ行くかわからんという私でしたねえ。でも今となってはその頃の自分の不完全燃焼や何をすればいいのの苦しさを知っているだけに、得がたい経験となってどこかの細胞に組み込まれているように感じます。思えば皆子供のような大人の見本のような人達でした。

思えば放蕩娘でしたねえ。娘が不良になろうとしたら、だいたいの道筋はつかめている私としては何とでもなるとおもったりしているのですが。反面教師っていうやつで、彼女はそうならないかもしれないですね。

で、HULAと出会い、私の方向はまったく変わってというか、生きたい理由が見つかって夢を持てるようになって、さまざまな出会いと別れを繰り返して、今ここにいるんですよねえ。不思議です。本当に。

自分でその時々選んできたのかもしれないけれど、どう考えてどうして来たのか夢中だっただけで、ここまで50近くまで来ちゃったんだあと自分で驚きます。

人生の設計なんて、したこともなかった。郵便局で人生グラフを見て、すごくびっくりした。皆こうやって生きるもんなんだあと。そんな私だったから、今こうしているのかも。でしあわせか?ときかれたら、すごーくしあわせ!と私は今感じています。否、心配事は沢山あります。けれど今間違いなく二十歳の自分の暗さは、心になくなりました。それは、HULAと出会い、HARRYと出会い、娘と出会えたからに違いないです。

WHY I DANCE・・・それは、しあわせだから。感謝しているから。心が躍りたいから。今生かされているから。

2008-01-13 [ Sun ]

347年が、始まって早13日。仕事始めの先週水、金、土の3日間なのに、休みモードの体と頭からのシフトには問題ないものの、やっぱり「ふーっ」という自分がいたりして、今日の日曜は本当に安息日となりました。 

それでも元気よく、新年のスタジオに通ってきてくれる皆には、感謝です。そして何かを期待し求めてくれている事にきちんと対応していける私でいられるように、褌(もし私がしているのなら・・笑)しめなおしてかからなきゃ。と思っています。

ずーっと休み中踊っていなかったので、踊る事が新鮮に感じた先週でした。そうでありたいなあ。いつも好きで踊っていきたいと感じました。踊りたくても踊れない時、踊りたくないのに踊っている時、いろいろあるけれど好きだから踊っていることの心地よさが、一番です。

頑張った分だけ、HAPPYになれる。それを信じて頑張りマース。

 

 

2008-01-12 [ Sat ]

朝土曜日は、いつもより朝寝坊。外は霧雨模様。でも久々の雨ですね。3連休の方も多いかと思われます。ゆっくり好きなことしてくつろげるといいですね。

今日は私はフルレッスンですが、雨だとここへ通って来るのだって億劫になっちゃうだろうなあと考えてしまいます。せめて来たら、すべて他の事は忘れて楽しくHULAを踊れるといいなあって。

昨日KUPUNA,MANOA,WAHINEの金曜クラスの初レッスンでした。KUPUNAのクラスでは、ここのところKAWELO滞在により、早いテンポや、どちらかといえば溢れるままにやっていた分、一気に2,3曲を手掛けてしまっていたりする事の苦しさや、マニアックな曲に走りすぎているキライ、かたよりに関して。一曲にもっと時間をかけたい事などきっとどのクラスの人達も考えたり、思ったりしてるかもしれない意見がでました。私も理解できる所多々あります。KUPUNAさんの思い、きっちりと受け止めたいと思います。そして、私に言ってくれたことに感謝です。お茶飲んで、不平不満を言い合って終わっちゃう事もできると思うので。ウチの良さだと思います。

MANOAは、昨日からNEWメンバーが増えて、またまたパワーアップしそうですがHOIKEもあるし、いろいろを考えながらやっていきたいと思います。TAHITIANの先生TIMIRIも英語に堪能な同級生も仲間になってくれました!嬉しいなあ!

がんばらなきゃ!私!

2008-01-09 [ Wed ]

2008 HULAの日々が、始まりました。

娘をSCHOOLへ送ってそのまま杉並へ。いつも停める駐車場が満車で、そばの小さい駐車場も満車。電話を入れると、こちらまで来てください。というので空いてるのだと思いきや、地図片手に空いてると思われる駐車場を説明してくれる・・・。

会場のあたりは、道幅も狭く、住宅街なので、一っ通ばかりで、ちょっとメゲマシタ。

そういう時、イライラしちゃう私ですが今日は何だか、皆が待っていてくれるんだから絶対行かなくちゃと、その思いがとてもあってイライラを感じませんでした。

そんなラニカイさんは「SING」から、踊り初めとなりました。いいね。このHULA!

新年会は失礼して、スタジオにもどり、ノケクラさんとワヒネ。ノケクラさんは大塚さんはじめ皆元気に年明けのいい顔で集合です。お休みの方は、ただいまお船で世界を回っていらっしゃいます。いいじゃあないですか。優雅で、人生頑張った分の御褒美ですよね。今年はクプナフラ、7月で重なった為に辞退してのHOIKE参加をしてくれます。でもそのスタッフの方から直々に、参加要請をして頂ける、素敵なクラスです!!
ワヒネは、3人という人数でのスタートとなりましたが、出てきたメンバーは元気で楽しそうに踊り初めとなりました。今日から、HOIKEの参加エントリーが1月一杯始まります。
皆で、素晴らしいギャラリーを作っていきましょう。アイデア、できる事への積極参加を楽しい気持ちでやってくれたら、すごく嬉しいし、熱気になってくると思います。熱き心で取り組んでほしいなと希望しまーす。

2008-01-08 [ Tue ]

281元気に動き出した2008年。みんな、元気に働いて、勉強して、遊んで、泣いて、笑って、怒って、許して、、、そんな日々を感謝していきましょう2

去年暮れから、またいろいろ変わり始めたHPですが、今年も楽しんでやっていきます。KAWELOから、毎年のスクールアルバムを作りなさいと。HPでそれが出来たら一番いいなと考えています。

昨日から、娘はお弁当持ってのSCHOOLが始まりました。レッスンが始まるとなかなか宿題のサポートもままならない時もある私。もっともっとサポート体制をしっかりとしてあげたいと今年は思っています。本当に、遠いSCHOOLなだけで、彼女には時間的な制約があるわけですから。271ここは、ひとつがんばりどころです。

明日から、今年の仕事始めは、水曜のラニカイさんからとなります。朝早い9時スタートのクラスは、ただ今人数も多くなくちょっと寂しい感じですが、みな穏やかで優しい人達です。今年はHOIKEもありますから、是非楽しみながら、やっていってほしいと思っています。

新年の所信表明といたしましては、まず5月、7月のHOIKEを成功させること。何が成功であるかといえば、事故のないこと。間違い(私の)のない事。みんなが最高に楽しくて、見に来てくれたお客様が楽しくて、私自身も楽しめる事。これをもって成功と考えています。また、めんどうに思う事から着手するように心がけたいと思いますひとりでここをやっている以上、すべて自分の責任なわけですから、後回しにしたいことほど、49年生きてきて苦手な部分だったり、できればやりたくない事だったりするわけですが、いずれ自分に跳ね返ってきて、首を絞める結果になります。

また今年50歳になる自分に対する期待と自戒も併せてあります。後悔はなく生きてきているけれど、この先は喜捨の精神を大切にしていきたいと思います。私の場合老後を幸せに過ごすには、きっと蓄えて行く事ではなく、潔く手放していくことかと考えています。私の中での明確な目標は娘を独り立ちさせるまで、責任もって親としてやるべき事、できる事をやっていき、その後はHARRYとふたり、何の贅沢もいらなくて、むしろふたりぼっちで海で魚釣って、あるもので食べて、布1枚巻いて服にして大好きなウクレレ弾いてうたって踊って過ごせれば良し。他と比べる必要もなく、自分達らしい老後がきっと過ごせるってタカをくくっています。(現実はおそらく非常に厳しいとはおもいますが)そう慌てる事もない。皆それぞれにそんな時を迎えますから。

皆さんは、今年の目標がありますか?頂いた賀状の言葉は、HOIKEがんばりますが多かったです。そう楽しく頑張りましょうね。「SING」の精神でいきましょう!何より皆が健康でいてくれる事を祈ってます。また今大変な時を迎えている仲間の為に、いつも祈っていたいと思います。大変な時は、順番に回ってきます。誰にでも。その時に人としての真価が問われるような気がします。良いときにどう生きてきたかが、大切かもしれません。

50年の月日私と歩いてくれたこの体。法定点検の時期かもしれませんね。まずは、メンテナンスに心がけ、体の声をきいてやりたいと思います。

明日から、また1年「SING」していきましょう!!

2008-01-05 [ Sat ]

日本晴れのお正月三が日となりましたね。3日は、昼前から、GRANMAも一緒に浅草に初詣に行きました。このところ来日のたびにKAWELOと来ている浅草は、何だかとてもやすらぐ場所になっています。

いつもと違う仲見世は、参拝客で一杯でしたが、ゆっくりと並んで家族揃って、新年の心でおまいりし、お札を買い、おみくじをひき、一番テキヤさんらしい店で、おでん、やきそばで一息ついて・・・・。なかなかいいもんです。

公会堂に歌舞伎のチケット取りにいき、余った時間で演芸場をのぞこうと思っていましたが、立ち見も厳しそうだったので、のぼりの立つ入り口の雰囲気を楽しみ、伝法院通りのエノケンや、デンすけや、往年のお笑いスターの写真を眺めたり,レトロな珈琲屋でコーヒー飲んだり、舞台衣装の店で、ラメラメジャケット見つけ冷やかしてみたり、でそぞろ歩きもまた、楽しかったです。

歌舞伎は2部の方で、しかも2000円の席しかなく3Fではありましたが,満員でした。初歌舞伎のHARRYと娘でしたが、HARRYは1幕目で仮眠。しかし娘は2幕とも約時間余りを、真剣に目をこらして飽きずに見切りました。簡単に説明してくれるイヤホンも役立ったようですが、それにしても、きっと1幕で「帰ろうよ。」と言い出すのではと思ってたので、この反応は意外で頼もしいものでした。しかも1幕目のより古典な演目の方が、面白かったという感想。たしかに2幕目は所謂「お富さん」だったので、さほどの舞台展開もないし、悪役もはっきりしないわけで・・。それに比べると1幕目は、桜のはなびらが音のするほど舞台に降り注いだり、獅童ちゃんの悪役もわかりやすいし、建物ごと奈落に沈んだりで、スペクタクルナ要素があるのでしょう。ハワイアンのイベントでは、最近眠ってしまう事もあり、しかもウチの出番も見逃す事もある娘が、4時間以上釘ずけになる、歌舞伎はやっぱりすごいです。またこれを2000円で見せる事も、私は誇りに感じます。拍手喝さいを送ります。

若手が胸を借りるって要素の強い浅草新春歌舞伎です。大御所の演者はいないので、落ち着きや貫禄唸る様な上手さって言うところまでは、正直感じられなかった私ですが、一生懸命取り組んでいる清清しさがありました。年始の挨拶をひとり緋毛氈の上でやった七之介ちゃん、滅茶苦茶上がっていて,噛んじゃうのですが、お客はあったかく笑って見守るようなそんな堅苦しくない歌舞伎場です。普段あまり興味のない人には、お奨めかもしれません。色の美しさ、舞台の展開、演出やっぱり日本の誇るべき文化を感じ入りました。舞台もお花や椰子で、じゃあないし身につけている衣装なども、HULAとは比べ物にならないほどの値段でしょう。それを一日2部。演目変えて、何日間か。これが興行の仕事だなあと感心してしまいます。それを2000円で見せて、満足させてくれるっていう中に、HULAに関わる者として反省、自戒がいっぱいありました。

昔のBOY FRIENDが「所詮HULAって素人劇団だろ。」って言った事があって、その言葉にまだまだ青かった私はムカっときて食って掛かった事がありました。その彼は、いまや巨匠の道をいこうとするほどの指揮者トナリツツアリ、アレンジャーとしても高名になりました。彼の言わんとした事は、しっかり的を得ていることを今しみじみ分かります。いろいろ学ばせていただいた新春浅草歌舞伎となりました。

すっかり夜になった帰りは、おいしい天ぷらを食べて正月の浅草満喫したマヌワイ家となりました。

昨日は夕方から、大好きスポット豊洲に行き、映画をみました。ルイスと未来泥棒は、今ひとつの出来でした。娘にとっても今いちだったようです。でも、いろいろなものに触れてみる事にしていこう。何がジャンクかを知るって事、自分にとっていいものをいいと言える力を育ててあげたいなっと思っています。

今日、明日で正月休みも終わりです。いよいよ新年2008に船出でえござーーーーい!!

2008-01-03 [ Thu ]

44年明け3日、正月の日本晴れに恵まれています。

昨日は、ちょっと駅前の丸井に行きましたが、いつもと全く違ってすごい人、人人。しかもみなが、各店舗の福袋を3つ4つと抱えていて、血相変えてぶつかりながら歩いていて、すごいパワーだなあと感心しましたけれど、私には出来ない芸当だと思いました。っていうか、去年のどこかのデパートの100万円の福袋は宇崎竜童さんがバンドをPRODUCEしてくれるっていうのがあって、これには正直心が揺れましたけれど・・・・・。

年末年始に、整理整頓、片付け、不用品の処分してみて、つくずく思ったのは、それらのほとんどを買ってきたわけで、物は50となる今年(けっこうこだわってます)(笑)からは、物欲とは距離を持っていこうという戒めでした。

どうでもいいものと大切なものをもっともっと厳選していく。我がままでいいから徹底してみる。をやってみたいと思ってます。ケチは嫌だけれど、自分の価値観を大切にしていこうと思っています。

で、今日はGRANMAの誘って、せっかくこちらに越してきたのだから・・・と言う事で浅草の新春を楽しんできます。天気も良いし、きっとマヌワイ家の「福袋」の一日になってくれると思います。

2008-01-02 [ Wed ]

みんな、どんなお正月を過ごしていますか?

マヌワイ家は、いつになく皆元気に共同作業で、家、スタジオをきれいにしたので、心までくすんだりしてた部分、きれいになった気がしています。

娘は、朝から勉強机を新年モードに衣替えしていましたが、そのやり方が、また私とそっくりだったりして、笑えるような、怖いような(笑)

私はお人形遊びより、外遊び。もやっぱり血筋かもね。

そんなBOY FRIENDがいた頃は、ラグビー観戦に出かけてたお正月もありましたっけ。今はTVでチラ見だってあれからもう20年以上だものね。

娘がいるから、自分の年齢も確認せざるを得ないけれど、もし今だ独身で50になる正月をむかえていたとしたら、と思うとちょっと寒くなります。私は独りでは、生き抜けなかったと思うのです。いや、生きていたかもしれないけれどきっと、自分に妥協し自分を飼いならし私ではない私だったんだろうなって。

風変わりだけれど、私達らしいこのマヌワイ家を日本で築けたこと、そのことに感謝したい。

2008-01-01 [ Tue ]

237明けましておめでとうどざいます2

素晴らしい元旦を迎え、皆さまのこの1年が明るく、幸せに満ちる日々でありますよう、心からお祈りしています51

WELCOME 2008!!

A HAPPY PARADISE YEAR!!

 | HOME | 

プロフィール

Machami 

Author:Machami 
Name:Masami Manuwai
(マヌワイ昌美)
9月16日生まれ、乙女座、A型

❤「Ka hula o Manuwai'olu」主宰❤
~3歳のKeikiクラスからOver 80'sのクラスまで。
 もちろん男性(Kane)クラスも。
 ひとりひとり、Hulaを通して個性を輝かせています~

☆好きな音楽
 Jazz,Bossanova,Soul,Hawai'ian、Tahitian
 憂歌団、ハーヴェスタetc...!Papa-i-yeah Band!
☆好きな食べ物
 おしんこ(きゅうり、かぶ、なす、キャベツ、大根、セロリ)
 おせんべ
☆好きな花
 くちなし(ガーデニア)、プルメリア、ピカケ、イエロージンジャー
★好きな言葉
 いつも心に太陽をくちびるに歌を 花ひとつ髪にさして 

Aloha e komo mai!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

涼しげに花が流れる落花流水ブログパーツ

月別アーカイブ